松本まりかが魅せる!『ケンカツ』で育児放棄の母親役を怪演

公開:

松本まりかが、9月11日放送のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)第9話に、ゲスト出演することが分かった。

同ドラマは、主演の吉岡里帆が演じる新人のケースワーカー・義経えみるが、生活保護受給者と向き合う「生活課」に配属され、受給者たちの壮絶な人生に直面し、奮闘しながらも成長していく姿が描かれている。

第9話では、えみるが気にかけていた高齢受給者の丸山幸子(小野和子)と孫・ハルカ(長岡心花)の前に、娘を残して4年間も姿を消していたハルカの母・梓(松本)が現れるエピソードが展開される。えみるは、自分も生活保護を受けたいと申し出る梓に失踪した理由を尋ねると、梓は態度が豹変させ攻撃的な一面を見せ始める。

松本は、今回演じる役について「自分と向き合うということから、逃げていた子なんじゃないかなと。それで男性依存、恋愛依存になっていて、子どもはかわいいけど、私を助けてくれる存在ではない。だから、まずは私を助けてもらいたい……。そうやって、少女のまま大きくなっちゃって。その場その場で反応して感情が出ちゃう。態度がコロコロ変わって、精神の不安定さが出てしまう、一筋縄ではいかない女性」と分析する。

劇中では、ケースワーカーになって2年目のえみると対峙する場面が描かれるが「区役所で『義経、いるーーーー!?』って言ったときの、ケースワーカーの方々の目が点になった顔が忘れられないです。こんなに引いている視線を向けられたことがないから。すごい人数がいて、あの視線は痛いなと思いました」と振り返った。

また、松本と言えば、ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で主人公夫婦をひっかきまわす里奈役を演じ、その狂気を感じさせる演技で反響を呼び、さらに今年8月に放送された『遺留捜査』(テレビ朝日系)第5話でも悪女を演じ、ネット上では「狂気あふれる役は流石だな! 怖いけどまた見たくなる」と、その“怪演ぶり”に注目が集まった。そんな感情の起伏が激しい役を演じることについては、「演じている中で新しい発見や、その役や相手役を理解出来たりする瞬間があると、逆にエネルギーが溢れてくる。梓のことはなかなか理解し難いですが、彼女の目でその景色を見たいんです」と語る。

最後に、「この人を更生させるのは、無理なんじゃないかって思う暴れ馬・梓と“成長したえみる”がどう戦うか。それと梓の心の葛藤が垣間見えるところは、人間らしく、その人が育ってきたなりの精一杯の感情がでています」と見どころをアピール。クライマックス目前の第9話、えみると梓の戦いに注目したい。