窪田正孝の謎の理論がジワジワくる…『ヒモメン』第6話で高岡早紀と大人の“駆け引き”

公開: 更新:

窪田正孝が主演、川口春奈がヒロインを務める土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)。“楽に生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くすヒモ男の翔ちゃんこと碑文谷翔(窪田)と、彼を更生させたい恋人の看護師・春日ゆり子(川口)の同棲生活が描かれているが、9月1日に放送される第6話からは最終章に突入。高岡早紀が、年商ウン十億のインテリア雑貨会社の女社長・加賀美香役で登場し、翔を略奪!? 翔とゆり子の関係に不穏な空気が……。この放送を前に、いち早く仕上がった映像が編集部に到着。見どころを紹介する。

これまで様々な方法で、翔を脱ヒモさせようと奮闘してきたゆり子。8月25日に放送された第5話では、脱ヒモのプロフェッショナル・豊川稔(音尾琢真)が、翔を更生させようとするも、その結果、根っからのヒモ体質である翔を更生させることはできず、終いには、ひょんなことからゆり子が働く病院の同僚にまで、“自分の彼氏がヒモ”であることが知られてしまう始末。

病院で“ゆり子の彼氏はヒモ”説が広まる中、この第6話では、仕事に向き合う真剣な翔の姿を見ることができるのだ。ゆり子に向かって「仕事の邪魔をするな!」と真剣に言い放つ翔。彼はついに脱ヒモすることに成功したのか。さらに今回は、高岡が、インテリア雑貨会社の女性社長として登場するのも見どころの一つで、キーとなる人物となっている。

翔は、社長の美香から突然「明日、仕事しない?」と声をかけられ、新たな仕事をゲットする。その内容は、エリート弁護士のフリをして1日、自分に同行してくれれば3万円払うというもの。報酬につられ、美香と契約を結んだ翔は高級店で洋服を整えられてパリッと大変身。これまで何度かヒモから“デキるイケメン”姿に変身しては、インターネット上でもその変身ぶりが話題となっており、今回またどんな変身を見せてくれるのかにも、期待が高まる。

さて、大変身をした翔だが、美香に連れられ、彼女の父・浩一郎(六平直政)らとの会食に。しかし、その会食の席で、美香から突如「翔と婚約している」と一同に宣言されてしまう。実は、美香は父の勧める見合い相手・大沢(近藤公園)との縁談を断るために、翔を連れてきたのだ。翔は動揺するものの、この契約を口外したり、途中で放棄したりした場合、違約金が発生すると脅されてしまい、ひたすら話を合わせるしかない。

ところが、そんな翔と美香の姿を、ゆり子の後輩看護師・浜野このみ(岡田結実)が目撃。このみは、翔が浮気したものと思い込み、ゆり子に別れるよう忠告。しかも、翔のことが気に入った美香は「お金はほしいだけあげるから契約を延長しよう」と言い出す。翔は美香と共に一生働かなくていい“永遠のヒモ”の道を進むのか、それとも大好きなゆり子との愛に生きるのか。

ヒモではあるが、ゆり子への愛は絶対だった翔。彼がどっちの道を選択するのか注目だが、毎回予想不可能な“おバカな”発想と発言で楽しませてくれるのも彼の魅力。これまで「無職の前では無力です!」「ズルして夢が叶うならズルすればいい」などの名言も飛び出しており、ネット上では、彼の独特なヒモ理論にも注目が集まっている。今回はどんな迷言!?  が飛び出すのかにも期待が高まる。