山田孝之&菅田将暉、金城一紀脚本でアクション再び!『dele』史上最も深い闇との対決

公開: 更新:

山田孝之菅田将暉がW主演を務める金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~ ※一部地域を除く)。8月31日放送の第6話は、深夜ドラマのスケールを超えた“壮大な雪山ロケ”から生まれた印象的なファーストカットが登場。さらに、第1話でも話題となった2人のアクションシーンもあることがわかった。

この作品は、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」に初めてスポットを当てた、1話完結型のドラマ。クライアントの死後に不都合なデジタル記録を“内密に”抹消する「dele. LIFE」の経営者・坂上圭司(山田)と、フリーランスの何でも屋・真柴祐太郎(菅田)が、さまざまな問題に巻き込まれながらも、クライアントの人生とそこに隠された真相を探り、解決へと導く姿が描かれている。

この第6話は、学校でのいじめを苦にしていたと思われる家出少女・石森純子(山田愛奈)の自殺という、ショッキングな展開からスタートし、物語のファーストカットは、雪に埋もれて眠るように死んでいる純子の姿が登場する。『dele』の撮影は、今年春から初夏にかけてスケジュールが組まれており、リアルな一面の雪景色をとらえるのは至難の業だったが、この悲しくも美しい幕開けをカメラに収めるべく、スタッフはまだ雪が残る地域を徹底的に洗い出し、新潟県魚沼市の雪山にたどり着いた。撮影ではドローンを使用するなど、深夜ドラマのスケールを超えた壮大な雪山ロケを敢行。その結果、物語の冒頭から目を逸らせなくなるようなシーンが完成。妥協なき撮影が生み出した“不穏な美しさ”とともに幕を開ける。

さらに、この第6話の脚本を手掛けるのは、『SP』や『BORDER』シリーズ、そして『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』など話題作を生み出した金城一紀。金城作品といえば、圧巻のアクションシーンが多数出てくることも特色のひとつだが、今回もその持ち味は健在だ。『dele』第1話でも話題となった、山田の意表を突く切れ味抜群の車椅子アクション&菅田のしなやかなアクションが、久々に登場する。

そして今回は、圭司と祐太郎が『dele』史上最も深い闇を抱えた敵と対決することに……。物語の先に待ち受ける“出口の見えない漆黒の闇”に、2人はどう立ち向かっていくのか注目が集まる。