吉川晃司『下町ロケット』続投!プロデューサーも「財前なしには始まりません」と期待

公開: 更新:

吉川晃司が、10月から新シリーズがスタートする阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系、毎週日曜21:00~)に前シリーズに引き続き出演することがわかった。

2015年10月期に放送され好評を博した同名ドラマの続編。池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾「下町ロケット ゴースト」(小学館)を原作に、大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。

このたび、前シリーズで圧倒的な存在感を放った、日本を代表する大企業・帝国重工の宇宙航空開発部部長であり、佃の盟友でもある財前道生役で吉川の続投が決定。財前は帝国重工社長・藤間の号令の下、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を先頭に立って推し進め、実現させてきた。しかし一転、今作では様々な壁に阻まれ、岐路に立たされる。

吉川は「財前部長は、常に真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、『蘭心竹生』を胸に、いっそうしなやかであれ」と意気込んでいる。

なお、プロデューサーの伊與田英徳は、「『下町ロケット』シリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません」と全幅の信頼を寄せる。「前シリーズで、純国産ロケット打ち上げプロジェクト『スターダスト計画』を成功に導いた帝国重工宇宙航空開発部の部長・財前道生を情熱的に演じていただきました。圧倒的な存在感と冷静な中にも情熱溢れる財前に、私もこんな上司がいたらいいなと憧れるほどでした。今作でも、シリーズ開始早々から様々な壁に阻まれ、窮地に立たされる財前ですが、吉川さんにどのように演じていただけるのか、とても楽しみです」とコメントしている。

※「蘭心竹生」とは中国の古くからの言葉で、蘭のような華やかな心を持って竹のようにまっすぐに生きるという意味。