北村一輝、吉田羊と『ほん怖』で夫婦役!初主演に「いいのかな」と自問

公開:

北村一輝が、8月18日(土)21時から放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2018-』(フジテレビ系)で、初主演を務めることがわかった。オムニバスドラマの一篇「果てからの念波」に出演する。

『ほんとにあった怖い話(通称:ほん怖)』は、1999年に放送スタートした、フジテレビの夏の風物詩となっているオムニバス形式の実録心霊ドラマ。今回も、日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現、恐怖VTRを見た稲垣吾郎をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱える。すでに神木隆之介菜々緒ガンバレルーヤ平祐奈葵わかなの出演が発表されている。

今回、北村が演じるのは会計士の中井俊英。ある日訪ねたリサイクルショップで、年代物の短波ラジオに惹かれ購入するが、家に帰り短波ラジオをつけると、「う、う、う、」と人のうめき声のような不気味な音が聞こえてくる……というストーリー。北村の妻を吉田羊が演じる。

北村は今回の出演にあたり「出演者が若い方が多いので、“いいのかな”と思いました」と遠慮がちにコメント。この作品を演じる上で、「ショートストーリーで静かな話でもありますので、感情を分かりやすく見せていく事が大切だと思い、監督と話し合いながら作っていきたい」と意気込みを語った。

さらに、ホラー作品については「スプラッター系の恐怖ものよりも、精神的に追い詰められる方が怖いです。今回の作品もそうですが、精神的に追い込まれる中で自分がどう思い感じるか? という事が一番の恐怖だと思えます」と、今回の作品に秘められた本当の怖さを感じている様子。視聴者に向けて「夏はやはり、怖いものを見るのが良いと思います。このお話は、寒くなるというより程良く涼しくなるお話です。皆さんにもこれと近いような体験があるんじゃないでしょうか?」とメッセージを寄せた。

プロデューサーの太田大(フジテレビ第一制作室)は、「ハードスケジュールの中、ご出演いただいた吉田さんと北村さんの、夫婦のやりとりもとても自然で、初共演には思えませんでした。とても豪華な作品になりました」とアピールしている。