嵐・相葉雅紀『熱闘甲子園』イベントにサプライズ登場で気温上昇!?

相葉雅紀が2日、六本木ヒルズアリーナにて行われたスペシャルイベント「Coca-Cola SUMMER SPECIAL 『熱闘甲子園』 THELIVE 体感 STAGE 2018」にサプライズ出演。大歓声を浴びた。

相葉は、8月5日に開幕する「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」の模様を伝える『熱闘甲子園』(ABCテレビ・テレビ朝日系列、8月5日スタート)のナビゲーターを務める。ステージに登場すると、「そもそも僕は高校野球が大好き。毎年春、夏、1回ずつくらいは甲子園に行かせてもらっていたので、こうして伝える立場に立てるのは嬉しいです。球場のいろんなところを見て何か物語が起こっていないか伝えていきたいです」と意気込み。

この日は『熱闘甲子園』のキャスター古田敦也ヒロド歩美アナ(ABCテレビアナウンサー)が登壇していたが、相葉が登場した瞬間、会場が興奮状態に。古田は「急に温度上がった」と驚きの表情。相葉は「基本的には球児が好きなので全部の県を応援したいんですけど、僕は千葉出身。2校出るんですけど上位まで行ってほしいなって気持ちがあります」と今回の甲子園での注目点を紹介した。

また、相葉は「なぜかいつも負けているチームを応援しちゃうんです。なかなか目を凝らさないと見えない部分に注目したいです」とコメント。「歴史ある高校野球の記念すべき大会に参加させてもらえて光栄です。球児が魂をかけてやるのと同じように僕もできることを精一杯やっていきたいです」と目を輝かせていた。

なお、嵐は本大会の主題歌「夏疾風」も担当している。古田は「僕ら番組の合間合間に聴いて、そのフレーズだけでも夏を感じられます。非常に気持ちの良いメロディラインですね」とその楽曲を絶賛。番組で相葉はショートコーナー「相言葉」を担当するといい、「プロ目線ではない、僕ならではの言葉を紹介したい」とにっこり。古田も「どんな言葉を紡いでくれるか楽しみ」と期待を寄せていた。