稲本潤一と槙野智章が挑戦!『炎の体育会TVSP』でメッシ以来のパーフェクト達成

サッカー元日本代表の稲本潤一選手と日本代表の槙野智章選手が、8月4日(土)19時から2時間にわたって放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系)に出演。どちらかの選手が、リオネル・メッシ以来となる快挙を達成することがわかった。

稲本選手は、日本代表として2002年、2006年、2010年と3大会連続でワールドカップに出場。2002年大会では2得点を挙げ、日本代表初のベスト16入りに貢献した。槙野選手は今大会、日本代表DFとして1次リーグのポーランド戦に先発出場したことが記憶に新しい。

番組で2人は、20枚の的で分割されたゴールに100秒間シュートし続け、何枚射抜けるかを競う「キック・ターゲット20」に挑む。現役Jリーガーであり新旧代表選手によるこの挑戦は、なんとメッシ以来のパーフェクト達成者が誕生する快挙となった。果たしてパーフェクト達成者はどちらの選手なのか?

さらに槙野選手が、今大会で移動中のチャーター機内で起きた驚きのエピソードと、本田圭佑選手が今一番ハマっている女芸人を明かす。

また、今大会で日本代表として全試合にフル出場した“あの選手”が番組に緊急参戦。その選手は、人生初となる特殊メイクをほどこし、キッズアスリートたちにサプライズを仕掛ける。 キッズたちを前に、半端ないテクニックによるスゴ技&抜群のバラエティ能力を披露する。果たしてサプライズは成功するのか? そして、気になる選手の正体とは?