人気声優・飯田里穂プロデュースの“声優アイドルグループ”がステージデビュー

公開: 更新:

BSフジで放送中の声優アイドル育成ドキュメント&バラエティー『ギルドフレンズ〜飯田里穂の!世界へ?本気です!〜』(毎月第3金曜日、24:00~)で結成された声優アイドルユニット「ギルドロップス」(江原裕理、小坂井祐莉絵、永恵由彩、山田麻莉奈)が31日、お台場・ワンガン夏祭り特設ステージにて行なわれたデビューイベントに参加。本ユニットのプロデューサーを務める「りっぴー」こと人気声優・飯田里穂が見守る中、ファンの前で「ルナティック・ブレイブ」、「アイス・クリーム」の2曲を披露し、華々しくステージデビューを果たした。

この番組は、飯田をプロデューサーに迎え、新人声優によるグループを結成。声優、そしてアイドルとして必要な「能力」や「体力」を養うために、活動していく姿を描いたドキュメント&バラエティとなっている。

今回、ファンの前で無事にステージデビューを果たした「ギルドロップス」だが、リーダーの江原は「ステージに立ってお客さんの前で歌ったことで『このグループでやっていくんだ!』と実感しました」と目を輝かせ、愛知で声優アイドルの経験があったという小坂井も「『ギルドロップス』は自分たちがしたいことを一から企画して進められるので、限界がない。努力しだいで大きくなっていける」と大きな可能性を感じているようだ。

HKT48のアイドルとして5年半活動をしていたという山田も「こうして少人数でアイドルをやるのは初めて。これまではたくさんのメンバーのなかで埋もれがちだったのですが、このグループはやりたいことを伝えれば叶う」とグループ活動に対して夢を馳せ、長恵も「私は歌もダンスも初めてだったのですが、3人が助けてくれて頑張れました。みんな温かい人たちばかり」とチームワークの良さをあげていた。

メンバーが口を揃えて「個性がバラバラ」という「ギルドロップス」。そこを活かして“型にはまらないアイドル活動”を目指しているという。その第一弾として、8月10~12日まで東京ビッグサイトで行なわれる「コミックマーケット」アクアマリンブースにて、Tシャツ、マフラータオルなどのギルドロップスグッズが販売されること、9月26日にファーストCDが発売されること、そして10月1~4日まで上海で開催されるアニメ・ゲームイベント「Firefly ACG Fsetiva」にてステージイベントを行なうことも発表された。

番組でも「海外での活動を目指す声優アイドルユニット」という目標を掲げているだけに、メンバーたちは「しっかり海外で認知されるように活躍していきたい」と熱い思いを語っていた。