長嶋一茂も感動の“歌うま”逸材!平成最後のスター誕生か?

公開: 更新:

関ジャニ∞・村上信五と女優・黒木瞳がMCを務めるリアリティ・オーディション番組『音楽チャンプ』(テレビ朝日系)が、『音楽チャンプ2時間SP 全国31都市カラオケ100点探しの旅! 歌うま発掘!3000人オーディション』として復活。7月27日(金)の20時より放送される。参加者の中には、ゲストの長嶋一茂も驚く逸材が潜んでいることがわかった!

今回は、テレビ朝日のアナウンサーたちがカラオケ採点マシーンを担ぎ、全国31都市を1か月かけて巡回。各地の“歌うまさん”に十八番の歌を披露してもらい、カラオケ採点マシーンで100点を取れる逸材を発掘する。

長嶋をうならせるほどの実力をもった“歌うまさん”たち。中でも山本雪乃アナウンサーが川崎の洗足学園大学で出会った声楽コース1年生の18歳、澤田真里愛さんの歌声を聴いた際には「この子、ぜひ(スタジオで)聴きたいね」と絶賛。実はこの澤田さんは、過去にミュージカル『アニー』の主人公・アニー役を射止めたこともある天才少女。そんな彼女はEvery Little Thingの大ヒットソングを選曲し、大サビを迎えた時点でミス0回という、驚異的な音程の正確率を叩き出していく!

MCの村上も「何かのエンディング曲を聴いているみたい」と語るほど引き込まれる澤田さんの熱唱。そして「街中カラオケ」で100点を獲る猛者も続々登場。100点が出た際、長嶋はやや茫然自失状態で「100点ってホントに出るんだね……! 俺、初めて見た」と舌を巻く。

審査員は、森公美子を筆頭に、音楽プロデューサーの田中隼人や作詞作曲家の杉山勝彦らが担当。次世代を担うスターたちを厳しく審査する。長嶋をここまで驚かせた驚異の歌声への評価はいかに?