伊藤健太郎、スラムダンク人気キャラの名前も改名候補だったことを告白

公開:

21歳の誕生日を機に改名した俳優・伊藤健太郎。彼がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系 月曜深夜24:58~ 毎月1回)に改名後、7月16日の放送で初出演。改名のきっかけや、意外な名前の候補があったことを明かした。

6月30日の誕生日に、健太郎から伊藤健太郎に改名。新しい芸名では初めての参加となった同番組の収録で、同じくMCを務める声優の内田真礼から改名の理由を聞かれ、「本名と同じ伊藤姓の役を演じている今がそのタイミングだと思った」と説明。伊藤は、10月に日本テレビ系でスタートするドラマ『今日から俺は!!』で伊藤真司役を演じることが決まっており、その役がきっかけで本名を名乗ることになったことを打ち明けた。

かつてローマ字表記の“kentaro”名義でモデル活動を行っていた伊藤は、“健太郎”に改名し、俳優としてのキャリアをスタートさせる。デビュー作でもあるフジテレビのドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』への出演で名が知られ、それ以降もさまざまな作品に参加。9月21日(金)公開の出演作『コーヒーが冷めないうちに』では有村架純と共演するなど、今最も旬な若手俳優の一人として注目を集めている。

そんな伊藤に、内田が「ちなみに、インパクトのある苗字は考えなかったんですか? 例えば、川中島とか(笑)」と尋ねると、実はいくつか候補があったと告白。伊藤は「例えば、流川とか。漫画のスラムダンクも好きだし、学生時代にずっとバスケットボールをやっていたので、かっこいいかなと思って(笑)」と人気キャラクターの名前を挙げ、笑いを誘った。

番組の収録後には伊藤の21歳の誕生日を祝うバースデーケーキがサプライズで登場。伊藤は、驚きつつも、“伊藤健太郎”と書かれたメッセージプレートに嬉しそうな表情を見せた。