原作者の江上剛が本気の記者会見『ラストチャンス』で銀行頭取役に挑む

小説家の江上剛が、7月16日からスタートするドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)に銀行の頭取役として出演することがわかった。本作は江上の同名小説を原作としたドラマで、主演の仲村トオルを筆頭に、椎名桔平和田正人大谷亮平勝村政信ミッキー・カーチスなど、豪華キャストの共演が注目を集める話題作だ。

大手都市銀行で活躍していた銀行マンの樫村(仲村)は、長年務めた銀行の吸収合併を機に運命が一転。主要ポストは合併先に奪われ、カード会社に左遷されてしまう。嫌気がさして転職を決めるが、転職先が買収されて無職に。困っていた樫村に声をかけたのは、ファンド社長の山本(大谷)だった。山本に請われて、飲食フランチャイズの経営立て直しに挑む樫村。仲間の裏切りや妬みなど、人生の辛さを乗り越えながら、企業の再生に命をかける樫村の生き様をドラマチックに描いていく。

江上は本作で、樫村の勤める大手都市銀行の頭取役として出演。記者会見のシーンに挑戦する。過去に日本振興銀行の社長として、銀行の再建に注力したことのある江上は、ドラマのような記者会見も経験。今回の出演では、そのときの様子を思い出したそうで、「演じているのではなく、本気の記者会見を行っていました。短い場面ですが、私の迷演技を見ていただければ幸いです」とアピールした。

また、江上は主人公の樫村に触れ、「樫村は普通のサラリーマンです。スーパーマンでもなんでもありません。しかし彼は逃げません。経営が悪いとわかっていても、お客様、社員、取引先のために残ってがんばります。さっさと逃げてもいいのに残るのです。歯を食いしばって、その場で最後まで戦います」と、その人間性を説明。さらに、「普通のサラリーマンだからこそ、やるときはやるんです。責任を取るんです。それは見ていただける視聴者の方々の生き方そのものだと思っています」と力説した。

そして、今回ドラマに出てくるミッキー演じる謎の占い師について、実在の人物だったことを告白。「出会ったのは私が18歳で、大学1年生のときです。後にも先にも初めて未来を占ってもらいました」と打ち明け、「どんな苦労も逃げずにぶつかれば、無駄なことはない。占い師は私に教えてくれました。その後、一度も会ったことはありません。『ラストチャンス』が大ヒットしますかどうか、密かに占ってもらおうかなと思っています」と締めくくった。