黒柳徹子の脳を丸裸!一般人の10倍の情報処理速度に医師も驚愕

公開:

女優の黒柳徹子が、7月4日(水)放送の『1周回って知らない話 徹子の脳と石原さとみ大検証2時間SP』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)に登場。MRIを使った「脳相診断」により、黒柳の驚くべき脳の秘密が明らかになる。

この番組は、テレビでは当たり前に扱われているが、今どきの視聴者にとっては“1周回って知らない話”を調査。その疑問を本人にぶつけて、明らかにしていくトークバラエティ。今回は80歳を超えて、今なお衰えを知らない黒柳の“脳”に注目。最新のMRIによる「脳相診断」で黒柳の脳を分析したところ、脳の情報処理速度が一般人の10倍であることがわかった。また、脳のある部分が“赤ちゃん並み”だということが明らかになり、通常は衰えやすいこの部分が、いまだに成長していることも判明。これには検査を担当した医師も「すごい!」と大興奮する。

そして、この黒柳の驚異的な“脳機能”を確かめるために、さまざまな検証を実施。まずは、黒柳とファストファッション店へ行き、自由に買い物をしてもらうことに。ここで黒柳は想像を超えるハイスピードでの爆買いぶりを見せ、脳の情報処理速度の速さを裏付ける。さらに、60歳近く年下であり、黒柳自身も大好きだというモデルの滝沢カレンと脳トレ対決を行い、脳を若返らせることに。「笑う」に対して「怒る」というように、瞬時に相手と反対の表情をすることで脳が鍛えられる「反対にらめっこ」に2人が挑戦する。しかし、対決では、滝沢がまさかのルール度外視の行動に。その滝沢の行動に、黒柳もなぜかノリノリで応じ、周囲をパニックに陥れてしまう。

また、今回は、7月期の新ドラマ『高嶺の花』(毎週水曜22:00 ※初回は10分拡大)の主演を務める女優の石原さとみも登場。番組の新企画「グイグイ調査隊」のコーナーでリポーターを務める。このコーナーでは、今どきの視聴者が知らないドラマにまつわる疑問を調査。石原が実際にドラマの撮影現場に出向き、数々の疑問を解き明かしていく。今回は、石原が撮影のセットや小道具の担当者にグイグイと迫る。ドラマに使われたある装飾品にはネットオークションで、わずか1円で購入したものがあるなど、意外な事実に、石原も「知らなかった!」「面白い!」と大興奮。他にも、ドラマの1話にかかる撮影日数など、視聴者の気になる疑問を次々と解消していく。