マツコ、ついにスマホに機種変更する時が来たと嘆く

公開: 更新:

マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。7月4日の放送では、マツコと有吉が「スマホをいじっている=遊んでいる、サボっているという認識はいかがなものか」について意見を交わしていく。

今回、視聴者から「スマホをいじっている=遊んでいる、サボっているという認識はなんとかならないものか」という投稿が。マツコと有吉は意見を求められると、「我々が収録中にスマホをいじったらアウトだけど(笑)」と前置きをしつつ、スマホのいじり方次第なのではないかと提案する。昨今は会議中でもスマホで調べ物をするくらいスマホに依存しているのか、と気付いたマツコは、いよいよ自分もスマホに機種変更する時が来たのかと嘆く。

また、外国人のアルバイト従業員に対して冷たい態度をとる人についてトーク。日本語を間違えたり、モタついたりすると露骨に嫌な顔をする人がいるという話に、2人は「何が気に入らないのかね」と首をかしげる。2人はよく行くコンビニに、熱心に働く外国人がいると話し、とても親切にしてくれるのだと絶賛。続けて、外国人に限らず、店員やタクシーの運転手などにぞんざいな態度をとる人は許せないという話になる。

さらに、日本全国の歓楽街を巡り、その地のキャバクラを次々訪問する企画も。その中でずんの飯尾和樹がもっとも気に入った子を決定するコーナーでは、西東京最大の歓楽街・立川へ。売上No.1ではなく、店長おすすめの「その店で一番しゃべりが上手で賑やかな女の子」=“看板キャバ嬢”にどんどん会っていき、“飯尾No.1”を決める。

そして、浜口京子が、元スポーツ選手が経営している飲食店をバンバン巡るロケへ。サッカー元日本代表の山田隆裕や元プロレスラーのキラー・カーン、ブル中野、元力士の貴闘力、そして元プロ野球選手の角盈男、といった元スポーツ選手たちが登場する。