千葉雄大がクイズに燃える高校生たちにエール「夏は心が熱くなる季節」

公開: 更新:

俳優の千葉雄大が、今年で38回目を迎える『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系、通称『高校生クイズ』)のスペシャルパーソナリティーに就任することが決定した。このスペシャルパーソナリティーは今大会から初めて設けられたもので、初代として就任した千葉は、高校生たちの熱い戦いを応援。東京ビッグサイトで行われる全国大会では、実況にも挑戦する。

総合司会は、8年連続で日本テレビの桝太一アナウンサーが担当。番組史上初となるスペシャルパーソナリティーという大役について千葉は、「初めてお話しをいただいた時はとても驚きましたし、高校生の青春の場にいさせてもらえる事を嬉しく思います」と感想を述べ、「わからない事も多々あると思いますが、桝さんが総合司会としていらっしゃるので、お力をお借りしながら頑張りたいと思います!」と意気込んだ。

今年はこれまでの「学力」や「知識力」の他にも、学校の勉強だけでは補えない「地頭力」が問われることに。普段の勉強とは異なる角度や視点、柔軟性がキーポイントになってくる。千葉は、「今回は“地頭力”という事で、色んな分野の力が発揮されるのではないかと期待しています。僕も自分の頭が固くなってないか、一緒に参加させていただき、試したいです(笑)」とやる気満々。さらに、「大人になるとぶつかり合う事が少なくなっていく中、本気でぶつかり合う高校生の姿をしっかりと目に焼き付けたいと思います」と宣言した。

高校時代はどちらかというと悶々としているタイプで、好きだった音楽をきっかけに友達の輪が広がっていったという千葉。毎年繰り広げられる高校生たちの青春模様にも期待を寄せ、「高校生クイズは、単純なクイズではなくチームワークや絆、そしてチームだからこそ生じるぶつかり合い、そこから芽生える友情も見所だと思うので、今から楽しみです」と声を弾ませた。

さらに、全国の高校生に向け、「出場するか迷っている方々は、思い出づくりの1つとしてでもいいので、友達を誘ってぜひ参加していただきたいです。夏は心が熱くなる季節、『高校生クイズ』に参加して、より暑い夏を過ごしてください!」とエールを送った。そして、千葉のほかにも今大会を盛り上げる豪華な出演者が続々と決定。7月26日(木)に全国11会場で行われる地区大会には、「地区大会応援タレント」として、下記の人気タレントたちが高校生の応援に駆けつける。

アキラ100%(九州北部会場)
おかずクラブ(沖縄会場)
カミナリ(東北会場)
ガンバレルーヤ(新潟・北陸会場)
サンシャイン池崎(中国会場)
ダイアン(近畿会場)
滝沢カレン(九州南部会場)
ニッチェ(九州南部会場)
ひょっこりはん(どこかの会場に“ひょっこり”!)
平野ノラ(四国・岡山会場)
フースーヤ(北海道会場)
ブルゾンちえみ(関東会場)
和牛(中部会場)