女優・江口のりこ、鶴瓶に「こっそりエロサイト見ないんですか?」

公開:

女優の江口のりこが、6月26日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。MCの笑福亭鶴瓶がボヤきが止まらない彼女に対し、タジタジとなる一幕があった。

先日『A-Studio』(TBS系)に出演した際、「鶴瓶さんにめっちゃ怒られたから寝られなかった」と振り返る江口。鶴瓶が「(江口の地元である)姫路を悪く言うてたから」と理由を説明すると「情けなくなったし“自分バカやったな”っていう反省で“みんなごめん”って思った」と語る。

江口は同番組に出てくれた友人と食事へ行くことになり、久々の再会で「泣いてしまうのでは」と危惧。しかしいざ会ってみると「休み時間に会っている感じ」と例え、「みんなのことを昔の良い思い出みたいに思っていたけど、そうではなく、みんなは今でもそこにいて『いつでも会えるんや』って」と改めて思い直したのだとか。

姫路に対する想いについて問われると「自分に対する気持ちでしょうね」と言い「あの時のぐずぐずしていた自分がずっと嫌いなままいて。それを姫路のせいにしていた」と反省した。また、番組を観たという兄から連絡があったそうで、鶴瓶を「命の恩人」と言っていたと回顧。しかし、江口は納得いかなかったようで「何でや」と思ったとぶっちゃけ、鶴瓶を苦笑させた。

そんな中、鶴瓶は“人間の怒り”が面白いと語る。江口も怒りで出来ていると評すのだが「私、『そういうの良くない』って最近思っているんですよ」と一言。もちろん怒ることもあるようだが、ここ1年は抑えていると……。撮影現場へ行っても台本がつまらなく「面白くないなぁ」と思うことがあるが、「それじゃアカン。どうせやるんやったら楽しくやった方がええやん」と自分に言い聞かせているのだとか。しかし、最近では無理して楽しもうとするのは「何のために?」と疑問が生じてきたと言う。そんな考えを持ったまま先日電車に乗っていると、目の前にいたおばさんのスマホに付箋が貼ってあり「置かれた場所で咲きなさい」と書かれていたのだとか。江口は「なるほどな」と感銘を受けたと振り返った。

ほか、江口が多忙な鶴瓶に対して「1人の時間ってありますか?」と質問。そういった時間は落語の稽古をしていると返したのだが「1人でこっそりエロサイト見たりとかないんですか?」と切り込むと、鶴瓶は「それはあるよ」と返答。江口は「老人になればなるほど、ものすごいスケベになるって本で読んだ」と語り、鶴瓶を笑わせた。