『半分、青い。』ヒロイン・永野芽郁、鶴瓶と長崎県雲仙市でぶっつけ本番旅!

公開:

笑福亭鶴瓶とゲストが、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合、毎週月曜19:30~)。7月2日は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを演じる永野芽郁を迎えて、長崎県雲仙市を訪れる。

まず鶴瓶と永野は、迷路のような港町の路地で美容室を発見し、話を聞くことに。すると、店主の女性は、『半分、青い。』の主人公・鈴愛にとても共感することがあるといい……。続いて2人は、友達とケンカしたばかりの小学生にも出会い、鶴瓶は「先に謝るように」と諭す。

そして、昼食に名物のチャンポンを食べた2人は、別れを惜しみながらも1人旅をスタート。鶴瓶は、子だくさんの家族や、ホテルを経営する3世代の家族に出会う。一方、同世代の若者に会いたいという永野だが、なかなか人に出会えない。そんな中、初めての取材交渉をドキドキしながら行うが……。