高橋真梨子、大泉洋と“時空を超えた対談”「もしそうなったら私、死んじゃう」

公開:

レコードデビュー45周年を迎えた高橋真梨子が、6月23日放送の音楽番組『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)に出演。5月に『SONGS』の顔として就任したばかりの大泉洋と特殊な方法で対談する。

1973年、ペドロアンドカプリシャスの2代目ボーカルとしてレコードデビューした高橋。今回は番組最多となる14回目の出演になるが、これまで『SONGS』の歴史の中にも数々の名シーンを刻んできた。

そこで、大泉がモニター越しにどうしても聞きたい質問をぶつけ、アーティストの飾らぬ素顔を浮かび上がらせる企画「どこでも大泉くん」のスペシャル版と題して、今回、同じ場所にいない2人があたかも対面しているかのように進められる“時空を超えた対談”を行うことに。

大泉から投げかけられる硬軟織り交ぜた質問に向き合っていく高橋。長年歌い続けてきて感じる自身の変化、リスナーとの関係性、プロデューサーであり夫でもあるヘンリー広瀬との夫婦円満の秘訣まで、高橋の口から思わず「もしそうなったら私、死んじゃう……」という答えが飛び出すなど、包み隠さぬ率直な言葉が次々と明かされる。また、高橋からは答えだけなく、大泉への逆質問も。後日、この質問を受け止めた大泉は、どんな回答をするのか?

さらに、高橋の輝かしいキャリアを飾る名曲の中から、レコードデビュー曲の「ジョニィへの伝言」、40年前のソロデビュー曲「あなたの空を翔びたい」、自らが作詞を手がけた最新曲「雲母(きらら)の波」も披露する。

※高橋真梨子の「高」は、本来の表記は「はしごだか」