ディズニープリンセス14名!『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像、日本初放送

公開:

『ズートピア』の監督が贈るディズニー映画の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』(12月21日全国公開)の特別映像が、6月22日の金曜ロードSHOW!『ファインディング・ドリー』(日本テレビ系、毎週金曜21:00~)の後半で、日本初放送されることがわかった。

今作は、ゲームの裏側の世界を舞台に、ヒーローになれない“悪役”ラルフとレーサーになれない“ひとりぼっち”の少女ヴァネロペの冒険と友情を描いた大ヒット作『シュガー・ラッシュ』の最新作。物語の舞台は、インターネットの世界。ヴァネロペが暮らすアーケード・ゲーム機<シュガー・ラッシュ>が故障し、廃棄処分の危機に。そんな<シュガー・ラッシュ>を救うため、2人はインターネットの世界へ向かうが、何とそこは夢の国の世界だった。

今回公開された映像には、歴代のディズニープリンセスたちが勢揃い。登場するのは、『アラジン』のジャスミン、『白雪姫』の白雪姫、『シンデレラ』のシンデレラ、『ポカホンタス』のポカホンタス、『アナと雪の女王』のエルサとアナ、『モアナと伝説の海』のモアナ、『美女と野獣』のベル、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェル、『プリンセスと魔法のキス』のティアナ、『眠れる森の美女』のオーロラ、『リトル・マーメイド』のアリエル、『ムーラン』のムーラン、『メリダとおそろしの森』のメリダといった、総勢14人のプリンセスだ。最新映像では、子どもだけでなく大人も大好きな世界中の女の子の憧れ・ディズニープリンセス達が、インターネットの世界で大集合した姿を見ることができる。

なお、『ファインディング・ドリー』(2016年公開)は、可愛い魚たちが愉快な仲間と力を合わせて冒険の旅に出る、笑いと涙の物語。大切な家族を探す魚のドリーの姿は、子どもを持つ親、そしてかつて子どもだった全ての大人たちがきっと共感できる、心温まる作品となっている。