実家に眠る「ピンクハウス」の洋服の山、査定額はいくら?

公開:

テレビ東京系にて、6月21日(木)の18時55分から『あなたの家にもお宝が!突撃!しあわせ買取隊』が放送される。博多華丸・大吉をMCに迎える同番組は、「家に眠らせたままの要らない物」をお金に換えるバラエティ。昔使っていたアクセサリーやブランド品に、とんでもない高値がつくことも!? スゴ腕査定士たちが、ガチ査定でお宝を発掘していく。

ある女性が暮らす2LDK+実家には、ピンクハウスの洋服があふれていた。このブランドは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)の登場人物が着用したことも手伝い人気が再燃。そんな中、実家の部屋が母に整理されてしまうという危機に。だが、内縁の夫と暮らす2LDKの部屋も、これまた洋服だらけ。1000点以上はあるピンクハウスの洋服を半分以下に整理しなくてはならない。引っ越し会社に務める夫と友人の助けを借りて、2つの部屋の洋服を大整理することに……整理された洋服の査定額は?

そして、「4世代が暮らす普通の家」では、曾祖父が集めた茶道具の中から、300万円はくだらないと祖父が豪語する抹茶茶碗が登場。ほかにも、一休和尚や板垣退助ゆかりの品々が発見された。はたして曾祖父の遺した茶道具はいくらになるのか? “家に眠る不要品をお金に換える”ことで見えてくる人生の悲喜こもごもにカメラが迫る。