中村蒼『悪魔が来りて笛を吹く』出演で「とてもワクワク」

公開: 更新:

俳優の中村蒼が、7月28日(土)に放送される吉岡秀隆主演のスーパープレミアム『悪魔が来りて笛を吹く』(NHK BSプレミアム、21:00~)にて、書生の三島東太郎役で出演することがわかった。

同ドラマの原作である『悪魔が来りて笛を吹く』(昭和26年発表)は、横溝正史作品には珍しく、東京の元華族の屋敷を舞台にしたミステリー。過去6回にわたって映像化されたこの人気作を、桑名市に残る文化財級の洋館で撮影、原作の持つ重厚なゴシック・ホラー・テイストを再現。映画テイストにあふれた2時間のドラマとして放送される。

主人公の金田一耕助を演じる吉岡は、「私の映画デビュー作が『八つ墓村』で、尊敬する渥美清さんが金田一耕助を演じている事、縁を感じております。事件を解明していく金田一の人柄、人間性のようなものを、吉田組(演出:吉田照幸)の現場で一つ一つ金田一のように探究心を持って解明出来れば私なりの金田一耕助が生まれると思っております。極上の和製エンターテインメントが出来るよう、今は祈るような気持ちです」とコメントを寄せている。

また、今回出演が発表された中村は、「これまで数多く映像化されてきた金田一シリーズに自分の名前を刻めることを光栄に思います。また新しい金田一作品が産まれることにとてもワクワクしています。非常に難しい役どころで常に頭を悩ませながら撮影を行っていますが、今回の吉田組でしか作ることが出来ない作品と三島東太郎を作っていけたらなと思っています」と意気込みを語った。

最近では、三島由紀夫原作のドラマ『命売ります』(テレビ東京)や、舞台『悪人』でシリアスな役柄を好演し、俳優としての実力を見せつけている中村。今作ではどんな存在感をみせてくれるのか、その演技にも期待が集まる。