「AKB48総選挙」速報14位みーおん『正義のセ』で痴漢被害の女子高生役

公開:

AKB48の向井地美音が、6月6日に放送される連続ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第9話にゲスト出演。制服姿のビジュアルが解禁された。

吉高由里子主演の本作は、新米女性検事・竹村凜々子(吉高)が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら、一歩ずつ成長していく物語が描かれている。

第9話では、凜々子が過去に担当した痴漢事件の真犯人が逮捕され、冤罪だったことが発覚。これを機に、凜々子はマスコミから追われることになる。先日、「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」の速報で14位と発表された向井地が演じるのは、その痴漢事件の被害者・坂下あゆみ。事件のショックから電車に乗るのが怖くなり、不登校になってしまった女子高生という難しい役どころだ。

向井地は「出演させて頂けたことを大変嬉しく思います。痴漢事件の被害者で心に傷を抱えてしまった女子高生役という、少し難しい役でしたが、収録の合間に吉高さんや安田さんに優しく声をかけていただいて、何とかやりきることが出来ました。この先もこの経験を糧に頑張りたいです」と元気に語っている。