三代目JSB・NAOTO&今市隆二に黒柳徹子が無茶ぶり!?あの曲でダンスを…

公開:

三代目 J Soul BrothersのNAOTOと今市隆二が、6月1日(金)放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月曜~金曜、12:00~)に登場。黒柳徹子に父と母へ感謝の気持ちを明かす。

昨年のコンサート動員数が約180万人を記録するなど、幅広い世代に人気の三代目 J Soul Brothers。6月6日にはニューアルバム『FUTURE』が発売されるなど、勢いが止まらない。そんな三代目 J Soul Brothersの活躍を黒柳も知っているようで、NAOTOと今市に「もうダンスの歌もすごいのよ!」と大絶賛!

トークでは、NAOTOと今市が、三代目の先輩であるEXILE HIROからずっと「親孝行をしろ」と言われ、実践していることを告白。コンサートには必ず家族を招くという。

歌手になる前はビルを建設する職人で、かつては勝手に高校中退するなどかなりヤンチャだったという今市は、ずっと見守ってくれていた母から大事な日に手紙をもらったという感動エピソードを披露。

一方、NAOTOは、会社を定年退職した後に俳優としてデビューした父についてコメント。家族はみんな驚いたそう。きっかけは息子でもあるNAOTOの影響だったらしく、ある父のコメントに黒柳も感銘を受ける。

さらに、2人が黒柳のムチャぶりに懸命に応じるシーンも。どんなダンスでも踊れるというNAOTOには「私の大好きなベートーベンの第九で踊って」とリクエストし、「高速腕立て伏せ」が特技だという今市には「ルールルの曲(『徹子の部屋』のテーマ曲)の間に何回できる?」とチャレンジさせる。2人が黒柳とどんなやり取りを見せるのか、注目が集まる。