宮崎あおい、清楚と言われ「全然違います」きっぱり否定

公開: 更新:
宮崎あおい、清楚と言われ「全然違います」きっぱり否定

女優・宮崎あおいのファーストイメージビデオ『宮崎あおい ~COLORS~』が動画配信サービス「FOD」にて配信中。ビデオには、先日、第一子妊娠を発表した宮崎の16歳の頃の姿が収められている。

タイトル通り、さまざまなカラーをテーマにしたイメージクリップとショートインタビューからなる本作は、今から16年前の2002年1月にリリース。当時、すでに新進気鋭の女優として頭角を現していた宮崎の素顔を垣間見ることができる。

ビデオ出演時には高校1年生だった宮崎。どこか幼さを残す顔立ちながらも、現在にも通じる凛とした受け答えは健在。自身の性格について聞かれると、「自己中で頑固で泣き虫」と表現し、「自分がしゃべりたくないときは全然しゃべらないし、しゃべりたいときはずっとしゃべっている」と明かした。

また、清楚な雰囲気に見られがちなことを指摘されると、「(中身は)全然違いますね」ときっぱり否定。「写真とかだと静かに見えるのかもしれないけど、そう思って仲良くなると全然違うだろうなって思う」と語った。また、自分のイメージカラーは“白と黒”だと言い、「喜怒哀楽が激しいから、落ちているときは落ちっぱなし。明るいときはクルクル回っている」と解説した。

さらにインタビューでは、女優という仕事についても言及。2000年のドラマ『20歳の結婚』(TBS系)に出演した際には、違う自分になれることが女優の魅力だと思っていたが、16歳になり心境にも変化が出てきたという。宮崎は「今は演技をすることが楽しいというよりも、一つの現場とか、撮影が終わったときの気持ちとか、友達が増えたりとかが楽しくてやっているだけで、自分の気持ちが乗らない仕事はあまり楽しくないし、演技が大好きなわけでもないです」ときっぱり。「お仕事はずっと辞めるつもりもないけど、すごい有名な人になりたいっていうのもない」と心境を吐露し、最後に「でも、(女優が)嫌になったら辞める」と打ち明けた。

また、本作では、10年後の自分へメッセージを送っている。宮崎は、「もし、ひねくれた大人になってたら、子どもの気持ちがちゃんとわかる、みんなに優しい26歳になってほしいと思います」と語りかけ、「10年後は、まだまだといってもあっという間だから、頑張っていい大人になれるように、楽しく年をとっていきたいと思います」と目標を定めていた。

そして、10年後の26歳。大河ドラマや数々の主演映画を経て、すでに女優として確固たる地位を築いていた宮崎だったが、プライベートでは離婚を経験。昨年2017年には再婚し、32歳になった2018年に第一子を妊娠。今後、女優としても新たな局面を迎えることになりそうだ。