風間俊介、食レポに挑戦!目をつむり、ためてためて…「うまい!」

俳優の風間俊介が、5月23日(水)19時57分より放送される『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)にて食レポを敢行する。

同番組では、国宝、世界遺産、寺社仏閣、歌舞伎、礼儀作法から、おもてなしや食文化、さらに間違えやすい日本語まで、日本人なら知っておきたい“ニッポンの○○”をテーマに、林が“担任”となり、唯一無二の“ニッポンドリル”を作成して講義を開く。また、“副担任”を千鳥のノブが務め、“学級委員長”を風間が務める。

今回のテーマは、「知れば絶対食べたくなる! 長く愛され続けるニッポンこだわりの名店」。それぞれの名店独自の特殊な技法を紹介する。

まず、日本の偉人たちに愛された「とんかつ」の名店。究極の歯ごたえを生み出すためにいろいろな揚げ方を試した結果、茶色やきつね色ではなく、黄金の衣をまとった、創業113年でミシュランガイドにも掲載されているとんかつを紹介する。風間は、実際に店に行き、おいしさをリポート。「ノブさんが副担任にも関わらず、番組のためだけにスケジュールは割けないということで、僕が来ることになりました!」と気合十分だ。とんかつを食べた風間は、目をつむり、ためてためて「うまい!」と感嘆。風間が「とんかつじゃない別の名前をつけたほうがいい」「他とは一線を画している」とまで大絶賛する、究極の調理法、うまさの秘密とは?

続いては、「世界レストラン100」に天ぷら店で唯一選ばれた、2か月以上先まで予約いっぱいの「天ぷら」の名店。林先生の概念を覆した、天ぷら歴57年の店主が作る絶品天ぷらを紹介する。客においしく食べてもらうため、メニューは○○しかないという、海外メディアから“神の天ぷら”と称される芸術的な一品には、ある特殊な技法が隠されていた。すべてのコースの1品目に出てくるという、光り輝くエビのおいしさに隠された匠の技を惜しげもなく公開する。

最後は、行列が絶えることのない「親子丼」の名店。「ここはうまい!」と風間が豪語する、創業250年を超える鶏専門料理屋の作る、鳥すきを改良して作られた絶品親子丼を紹介。この名店は、食材への飽くなき探究心で最高の食材を追求し、○○まで作るまで至った。親子丼の醍醐味とも言える、卵をとろとろにする特殊な技法とは?

スタジオでは、「とんかつ」「天ぷら」「親子丼」のうち、1店舗の絶品料理の試食タイムが実現。ここでも風間からは、力いっぱいの「うまい!」が飛び出す。横にいた川島明(麒麟)が「風間くんの息がすごいおいしい。すごいいい香りがした!」と言ってしまうほど、おいしい一品とは?

PICK UP