『AKB48世界選抜総選挙』フジで独占生放送!BNK48、TPE48も出馬で混戦予想

公開: 更新:

第10回AKB48世界選抜総選挙2018』の開票イベントが、6月16日(土)にナゴヤドームにて行われる。フジテレビ系では、7年連続で生放送しており、今年も現地特設スタジオより、同日19時から地上波独占生放送。

毎回、「今度のセンターは誰になるのか?」という話題で日本中の注目を集める同大会も、今年で10回目。10回目となる記念すべき今大会は、より一層アツく盛り上がるべく、世界で活躍するAKB48の姉妹グループにも門戸を拡げ、タイ・バンコクのBNK48、台湾・台北のTPE48を加えた史上最多の339名が出馬。「53rdシングル 世界選抜総選挙」と題し、53枚目のシングル曲を歌う選抜メンバーをファンによる投票で決定する。

番組MCは、2013年からこれまで5度にわたってMCを務めてきた宮根誠司、そして三田友梨佳アナウンサーが担当。大注目の1位が決定するまでの緊張あふれる瞬間に、数々の名言を生み出してきた各メンバーのコメントや、全身全霊で戦うメンバーたちのリアルな表情を余すところなく見せる。なお今回は、53rdシングル世界選抜メンバー(1~16位)を選出するのをはじめ、アンダーガールズ(17~32位)、ネクストガールズ(33~48位)、フューチャーガールズ(49~64位)、アップカミングガールズ(65~80位)、さらに、新設の第10回世界選抜総選挙記念枠(仮)の81位~100位まで、計100人が選出される予定。

今回は、選抜常連メンバーである松井珠理奈(SKE48)、宮脇咲良(HKT48)、昨年5位にランクインして台風の目となった荻野由佳(NGT48)、さらに、バラエティ番組でのソロ活動も目立ってきた須田亜香里(SKE48)など、1位を射程圏内とするメンバーが多数揃い、前代未聞の混戦が予想される。これまで9回行われてきたが、1位となったメンバーは前田敦子、大島優子、渡辺麻友、指原莉乃の4名しかおらず、今年の選抜総選挙では誰が優勝しても“初女王”の称号を手にすることになる。史上初の3連覇を果たすも、今年は出馬しないことを表明している指原、昨年惜しくも2位と、最後の総選挙で涙を飲んだ渡辺がいなくなった今、一体誰が“新・女王”のタイトルを獲得するのか。AKB48の歴史に新たな名を刻むのは一体誰なのか?

さらに今回は、まだまだ一般的には知られていない美少女メンバー、実力派メンバー、さらには海外グループメンバーなど、多彩なキャラクターたちが立候補。5月30日(水)発売予定のAKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」で初のセンターを務める小栗有以(AKB48)や、大島から後継者として指名された向井地美音(AKB48)、『青春高校3年C組』(テレビ東京系)でMCを務める中井りか(NGT48)、YouTuberとしても活躍、チャンネル登録者数55万人を誇る吉田朱里(NMB48)など、新たな時代を切り拓く顔ぶれは、開票結果に対し、どんな感情を表し、どんなコメントを残すのか。

なお、指原は生中継にゲスト出演し、後輩メンバーたちがランクインする様子を見守る。さらに、副音声で現役メンバーならではの視点で生解説を行う。