TOKIO松岡昌宏扮する三田園さん、『Mステ』で島茂子の初舞台を覗き見!?

公開: 更新:

TOKIO松岡昌宏扮する、女装した家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)。主人公の“三田園さん”が、同局にて5月11日に放送される『ミュージックステーション』(毎週金曜20:00~)に登場する……かもしれないことがわかった。

この日の『ミュージックステーション』には、TOKIOの城島茂にそっくりだと巷で噂されている話題の女性新人歌手・島茂子がデビューシングル「戯言」を引っさげ、初出演する。実は、三田園さんとは“ちょっとしたご縁”のある茂子。今回は、そんな茂子の記念すべき初出演=“晴れ舞台”を祝い、見守るべく、いてもたってもいられなくなった三田園さんが『ミュージックステーション』のスタジオに現れてしまうかもしれないというのだ。

しかし、予測不能な行動で周囲を煙に巻くことで有名な三田園さん。今回も、いつ・どこに・どんな風に登場するのか、いまだ謎に包まれたまま。神出鬼没の三田園さんが、生放送のスタジオでどんな動きを見せるのか、注目が集まる。

そして『ミュージックステーション』の放送後は『家政夫のミタゾノ』の第4話に茂子が登場するほか、怖いモノなしで無敵に見える三田園さんが、唯一と言っていいほど怖がっている“幽霊”との対決(!?)という見どころが。2016年に放送された第1シリーズでも、幽霊を恐れるあまり珍行動を連発した三田園さんの姿は、視聴者の笑いを誘い、「あぁ、三田園さんも人間だったのね」とそこはかとない安心感を生み出していた。今シリーズでも「三田園さんvs幽霊」の終わりなき戦いは継続。依頼主の家で怯え、悲鳴を上げ、おかしな“祈りの舞”を捧げる、といういつもとはちょっと違った三田園さんの一面が垣間見られる貴重な回となりそうだ。