田中圭&林遣都『おっさんずラブ』副音声企画で衝撃キスシーンの裏話告白

公開: 更新:
田中圭&林遣都『おっさんずラブ』副音声企画で衝撃キスシーンの裏話告白

田中圭林遣都が、4月28日に放送される『おっさんずラブ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)第2話で副音声企画に参加することがわかった。

本作は、女好きだけどモテない33歳の主人公・春田創一(田中)が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林)に告白され、3人のおっさんによるピュアな恋模様が描かれた恋愛ドラマ。

第1話では、黒澤が“ストレートな愛の告白withバラの花束”で春田に全力アプローチしたかと思いきや、最後にはバスルームで牧が春田に突然キス。衝撃と悶絶と胸キュンが入り乱れる展開で、視聴者をドキドキ、ワクワク、ヤキモキ、ウズウズさせた。

副音声収録に参加した2人は、取材でも話したことがないという“第1話のラストを飾った衝撃キスシーンの超(秘)裏話”や“乙女部長を演じる吉田が隙あらば見せる野獣の顔”など、数々の撮影エピソードを楽しそうに暴露。さらに、今回が初共演ながらもすっかり仲良しになった2人が距離を縮めたキッカケや、一緒にジムに行った話、さらには林がチワワに似てる話といった、プライベートの裏話や「もはやイチャついてる……?」と言わんばかりのラブラブな掛け合いも見せた。

極上エピソードをたくさん披露し、すっかり盛り上がった2人だが、実際に収録してみて、副音声の難しさを痛感したという。ドラマの副音声に挑戦するのは3回目だという田中は、「ドラマと全然関係ないエピソードも交えて、話を膨らませたんですけど、さすがに1時間も喋り続けると話が持たなくて……(笑)。少しでも気を抜くと、ドラマに見入っちゃうし、めちゃくちゃ難しかったです!」と苦笑い。「今回は“何もできない2人がどう喋んねん!?”状態(笑)。遣都とは普段から仲が良いので、トークも何とか成立させられたのかなって思います。遣都が相手で本当に良かったです!」と、笑顔で振り返った。

一方、ドラマの副音声に初挑戦となった林は「まだドラマ本編を撮影している最中なので、副音声でも役柄や物語を客観的に説明するのは難しくて……(苦笑)。圭くんは“何もできない2人”と言いましたけど、今回は何もできない1人(=田中)と、特に何もできない1人(=林)!」と、副音声については客観的に(!?)分析。「そもそもが低レベルではあるんですけど(笑)、圭くんにリードしてもらって助かりました。これ、圭くんが相手じゃなかったら、ものすごくよそよそしくて、ぎこちない感じになっていたと思います」と振り返った。

また、第2話の見どころについて田中は「黒澤部長と牧が本格的に動き始める回。それによって春田の中にも気持ちの変化が起こるし、とにかくすべてが見逃せない回です。ここから最終回に向けてどうなっていくのか、僕自身も楽しみです。誰とくっつきたいというような、僕個人の希望はないですね。ただ、どんな形であれ、登場人物全員がハッピーになれたらいいな、と。それが僕の唯一の願いです」とコメント。林も「牧の思い切ったアクションや、黒澤部長の隙あらば攻め入る様子など、後ろめたさを感じつつも爪痕を残そうとする春田さんラブな2人の行動が見どころ(笑)。第2話以降、台本を読んでいても“こんなことになる!?”と驚く展開の連続なので、皆さんにもぜひ見続けていただきたいです」とメッセージを寄せている。