加藤綾子、産休の仲間由紀恵に代わり『MUSIC FAIR』司会に決定

公開: 更新:

仲間由紀恵軽部真一フジテレビアナウンサーが司会を務める音楽番組『MUSIC FAIR』(フジテレビ系、毎週土曜18:00~)。4月28日の放送をもって産休に入ることになった仲間に代わり、5月5日の放送からは、フリーアナウンサーの加藤綾子が司会を務めることがわかった。

国内はもとより世界各国から一流ミュージシャンが出演し、この番組でしか実現出来ない世代を超えた共演、海外アーティストとのコラボレーションなど、多彩な演出で、視聴者の音楽趣向が目まぐるしく変わる現在でも、本当に良い音楽を流行にとらわれず紹介し、歌の素晴らしさを前面に押し出す同番組。

仲間の産休について、所属事務所・プロダクション尾木の尾木徹代表取締役社長は「しばらく安静にする必要があるという医師の指示がありましたので、本来ならば4月いっぱいまで収録予定でしたが、本人の大事をとり、予定より早く産休に入る運びとなりました。今は、母子ともに安定しております」と詳細を明かす。

そして先日、5月5日放送分の収録に臨んだ加藤は、ゲストの西野カナ、miwa、竹原ピストル、BOYS AND MENらとトーク。初司会という緊張感がありながらも、すぐにゲストたちと打ち解け、2年ぶりの共演となった軽部アナとも息の合った様子を見せ、和気藹々と収録を終えた。

初収録を終えた加藤は「歴史と重厚感と品格がある番組に携わることができて、本当にありがたいことだなと思いました。いつも見ている番組に自分が出るんだという不思議な気持ちです。軽部さんという頼もしい先輩や、今まで何度もお仕事をさせていただいたことがあるスタッフの皆さんとご一緒できてとても安心でしたが、スタジオに足を踏み入れた途端、とても緊張感が高まりました。ですが、ゲストの皆さんや軽部さんなどみなさんがフォローして下さったので、楽しく収録に臨むことができました」とコメント。「『MUSIC FAIR』というイメージを保ちながら、その中で皆さんの笑顔があふれるような番組にしていきたいですし、素晴らしい楽曲と共に、ゲストの皆さんの考えていることや素直な気持ちをトークの部分で引き出していけたら」と意気込みを述べている。