乃木坂46白石麻衣、キラキラ港区女子役でドラマ単独初主演『世にも奇妙な物語』

公開:

乃木坂46の白石麻衣が、5月12日(土)21時から放送される『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系)の短編「フォロワー」で、ドラマ単独初主演を務めることがわかった。

「フォロワー」は、“インフルエンサー”を目指して写真投稿SNSに奮闘する主人公による、リアルとバーチャルが交錯するホラーサスペンス。白石演じるキラキラな“港区OL_ハル”こと藤田小春は、フォロワー数No.1を目指す写真投稿SNSの“新女王”。“港区”生活に素敵な“彼氏さん”、“#総額80万のカジュアルダウン”といった日々のキラキラな投稿が欠かせないが、これはフェイク。実際はしがない印刷会社に勤め、安普請のアパートに住み、キラキラとはほど遠い生活を送っているという役どころだ。

くたびれた日々の中、小春の唯一の楽しみは、SNSのフォロワー数が増えていくこと。特に、最近フォロワーになった“ミミ子@ど田舎”の数々の応援リプライに心が救われていた。そんなある日、「港区OL_ハル VS 麗しの受付嬢さゆ、どっちがキラキラ?」というアンケート対決で、フォロワーが3万しかいない“麗しの受付嬢さゆ”に負けていることが発覚。闘争心を燃やした小春は、ミミ子の応援リプにも乗せられ、追われるように偽のキラキラぶりをエスカレートさせていく。ところがある日、ミミ子からすぐそばで実際の生活を見られているようなリプが届くようになり……。

『世にも奇妙な物語』への出演について、白石は「昔からずっと続いている番組なので、その中に入って作品が作れるということで、本当に嬉しかったです。どんな風な作品になるだろうと撮影前から楽しみでした。『世にも~』は学生の頃から見ていましたし、いろんなジャンルがあり、どのお話も楽しく見ていたので、今回参加出来るのが夢のようです」と大喜び。単独初主演となるが、「1人で物語が進んでいくので、撮影が始まった時はとても緊張したのですが、監督さんや周りのスタッフさんなど皆さんが優しくて、本当に温かい現場なので、進むにつれてリラックスして楽しんでやれるようになりました」と語る。

また、「今の若い人たちはSNSを中心に話題を作ったりしているので、物語とはいえ実際にありそうな話です。でもこれが現実に本当にあったら怖い、ゾっとするストーリーだと思いました。演じている側ではありますが、私自身この台本を読んだ時に“これどうなるんだろう、どういうことだ?”と視聴者目線で考えてしまったほど、深いお話だと思います。また、ラストは『世にも~』らしく怒涛の展開になっています。女子からしたら鼻につく、反感を買ってしまうような役ですが、今までこういうキャラクターを演じたことが無かったので新鮮です。こういう役だからこそ思いっきり振り切って演じられるので、演じる楽しさがありますね」とアピールする。

また「後半の、小春が必至に息を切らして走っているところを見て欲しい」と見どころをコメント。「何で走っているかは言えないですが、そのシーンは足がもたつくくらい必至に全力で走っていて、一番頑張ったシーンでもあるので」と語り、最後に「身近な題材のお話ですが、普通には起こり得ないようなことが起こって、ストーリーが進むにつれてゾクっとするような展開になっています。私もSNSを必死にやっている女の子になりきって、楽しみながら演じさせてもらいました。結末は言えないのですが、本当に奇妙な話になっているので、ぜひたくさんの方にスリルを味わっていただけたらと思います」とメッセージを寄せている。