袴田吉彦の元妻・河中あいに大物芸人がギャグなしのガチ告白

俳優・袴田吉彦の元妻であり、タレントの河中あいが3月31日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「プライベートで会う男性が村上ショージだらけになっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム指原莉乃、博多大吉。

現在、数々のバラエティーに出演し、元夫である袴田の不倫ネタで番組を盛り上げている河中。袴田との離婚騒動を経て、男はもうコリゴリなのかと思いきや、最近ではお笑い芸人の村上ショージとプライベートで会いまくっているという。村上もバツイチでお互い独身同士。河中のSNSには頻繁に村上が登場し、一緒に食事やお酒を楽しむ様子が投稿されている。ときには河中の娘も加わり、まるで本当の家族のよう。

河中によると、袴田との離婚騒動の際に村上にいろいろと励まされたそうで、「一緒にいて癒やされる」「彼氏みたいな感じで大事にしてもらっている」と説明。これに対して村上も「あいちゃんはすごく素敵な子ですから、自分にできることがあったらしてあげたい」とコメントを寄せた。

有吉が「どれくらいのペースで会っているんですか?」と尋ねると、河中は「多いときは週に2回」とハイペースで顔を合わせていることを明かし、さらに、村上の鉄板のギャグである“ドゥーン”を「目の前でやってもらっている」と語った。

河中は、「家族にも言えないことも言える。全て受け止めてくれる」と村上に心からの信頼を寄せていることを告白。有吉が「アパホテルで会ったりはしてないですか?」と元夫の不倫ネタで2人の関係を探ると、「まだないです」と含みをもたせていた。

番組では村上に河中のことを「女性としてどう思うか」と質問。その返答が書かれた手紙を有吉が朗読することに。手紙には、「こんなに仲良くしてくれる女性はあいちゃんくらい。食事が終わって帰ったあと、もう少し一緒にいたかったといつも思います」と、村上の本心が綴られていた。さらに、「あいちゃんみたいな女性が再婚相手だと僕は幸せです」と本気の思いを伝えた村上。番組スタッフに、「(河中に)何かしてほしいことは?」と聞かれた際も、「元気で笑ってくれているだけでいいです」と答えていたという。

その村上の熱い思いに、指原が「めちゃめちゃ好きですね!」と驚くと、バカリズムも「あのショージさんが何もボケてないですよ!」と大笑い。

あとは河中の気持ち次第というところで、怪しい雲行きに。河中によれば、昨年、袴田と離婚したときに占い師に未来を占ってもらったそうで、そこで「今年の秋口に運命の人に出会う」と言われたという。そして、村上のことは“ソウルメイト”としつつも、「たぶん今出会っている人は違うかな」と、その気がないことを明言した。

本気で惚れていた村上に対し、河中は、あくまで良き相談相手として好意を抱いていたということが明らかに。現在はタレント活動と並行してIT企業の事務員としても働いているという河中。スタジオの男性陣は“IT企業”という部分が引っかかったようで、「ちょっと怪しい」「キナくさいな」と、河中の新たな恋を勘ぐっていた。

この他には、格闘家のRENAが登場。「ブログにアップする写真が犬の白目写真だらけであること」を反省した。