“痩せる脂肪”を活性化させ手軽に肥満解消!? 新たなダイエット法の実力に迫る

MCのフットボールアワーとゲストが最前線の研究者たちに疑問をぶつけながら、カラダの仕組みを読み解き本気で美と若さを追求する『美と若さの新常識〜カラダのヒミツ〜』(BSプレミアム、毎週火曜22:00)が、4月3日から通年レギュラー化。初回は、「発見!“痩せる脂肪”の極意」を放送する。

食べ過ぎなどで余ったエネルギーをため込む貯蔵庫で、ダイエットの敵とされてきた脂肪細胞。ところが最近、体のなかで正反対の役割を果たす“痩せる脂肪”が見つかったそう。

それは、エネルギーを燃焼し、内臓脂肪を減らし、中年太りを解消するという「褐色脂肪細胞」と「ベージュ脂肪細胞」。これが活性化していれば、成人男性が1年間で3.8kgの脂肪を、何もしなくても、減らすことができるという驚異の細胞なのだとか。

その細胞を活性化させ、また新たに増やす方法があれば、誰でも手軽に正しいダイエットが実現できるはず。そこで世界の研究者が、いま“痩せる脂肪”をターゲットに肥満解消の新たな方法を探り出そうと奮闘中。番組では、日常生活でできる皮膚や消化器へのある刺激によって“痩せる脂肪”を増やそうという新常識を伝える。

PICK UP