今井翼の声優ぶり、花澤香菜&日野晃博が絶賛「圧倒的に素晴らしかった」

公開: 更新:

メニエール病を再発して入院したことを報じられた今井翼(タッキー&翼)が、29日、出席予定だったアニメ声優初挑戦作『レイトンミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜』(フジテレビ系、4月8日スタート、毎週日曜8:30~)の会見を欠席した。

フジテレビ本社で行われた会見には、カトリーエイル・レイトン役の花澤香菜、オープニングテーマを担当した足立佳奈、レベルファイブの代表の日野晃博が出席。会場でも改めて集まったファンや報道陣に対し、本作の第1話でゲスト声優としてサイモン・ライト役を演じた今井の欠席が伝えられ、合わせて今井が声優という仕事に興味を持ち、情熱的に仕事に取り組んでいた姿や、監督の満仲歓がアフレコ後、そんな今井の姿を見て「またぜひ仕事をしたい」と話していたというエピソードなどが紹介された。

今井の演技について、日野は「僕はこういうゲームやアニメの世界にいて、タレントさんなどに声優さんをやってもらう機会は多いんですけど、今回の今井さんの演技は圧倒的に素晴らしかった」とコメント。「声優の皆さんと比べても違和感がなく溶け込んでしまうほど。完璧な演技でした」と絶賛した。

花澤も「日野さんのおっしゃる通り。初めてとは思えないくらいの演技でした」と同調し、「アフレコ現場も事前に見学に来てくれたりしたんです。見学中も楽しんで私たちの収録を聞いてくださって。1話を見ると、そんな今井さんの気持ちが声に乗っかっているのがわかります」と今井の声優ぶりに感心の表情を見せた。

また会見では、宮司愛海アナウンサーが第6話でウーラ・ブレイムス役として声優デビューすることも発表され、花澤が直々に声優のテクニックをレクチャーする一幕も。また、エルシャール・レイトン役の声を山寺宏一が演じることも発表された。