King&Prince、デビュー曲をTBS『卒業ソング音楽祭』でテレビ初歌唱

アイドルグループ・King&Princeが、3月21日(水・祝)21時から3時間にわたって放送される『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018』(TBS系)にて、デビュー曲「シンデレラガール」をテレビ初歌唱することがわかった。

同番組は、昨年放送し好評を博した音楽番組の第2弾。会社を退職、恋人から夫婦へなど、“様々な卒業”をテーマに、番組に寄せられたリクエストが多かった卒業ソングを、さまざまなアーティストが生ライブで披露。さらに、会場から飛び出し、“卒業”をテーマにしたロケとその場所での歌唱などで、新たな一歩を応援する。

この度発表されたアーティストは、E-girls、AKB48川嶋あい、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2Kiroro、King&Prince、サンプラザ中野くん、Sonar Pocket藤巻亮太西野カナ乃木坂46Little Glee Monster(50音順)。E-girls、川嶋、Sonar Pocket、乃木坂46、Little Glee Monsterらは、廃校になる学校や結婚式などを舞台に、サプライズロケを敢行した。

また、視聴者から寄せられた卒業にまつわるエピソード、サプライズロケのナレーションを担当するVTRナビゲーターに神木隆之介が就任。生放送中には、卒業生ナビゲーターとして梅沢富美男が登場する。そしてMCは、TBSの音楽番組に欠かせない安住紳一郎アナウンサーが担当する。

各アーティストの歌唱曲は、King&Princeが「シンデレラガール」、藤巻亮太が「3月9日」、サンプラザ中野くんが「大きな玉ねぎの下で」、Kiroroが「Best Friend」に決定している。そのほかの面々も、卒業にまつわるさまざまな名曲を披露して番組を盛り上げる。