ユースケ・サンタマリア&木村多江、巨大茄子ケーキの誕生日サプライズに喜び

中谷美紀玉木宏、ユースケ・サンタマリア&木村多江が、それぞれ夫婦役を演じることで話題の新ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系、4月13日スタート、毎週金曜22:00~ ※初回15分拡大)。この度、撮影の合間を縫って、3月が誕生日のユースケと木村にサプライズでバースデーケーキが振舞われた。

本作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名長編小説のドラマ化。「夫婦の絆」をテーマに、2組の夫婦が、“落ちてはいけない恋”によって翻弄されていく姿を描いたハラハラドキドキのストーリー。中谷は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓を、玉木は、人妻と不倫に走る真弓の夫・秀明を演じる。また、物語のキーパーソンとなる中学校教師・茄子田太郎をユースケが、秀明に強く惹かれていく太郎の妻・綾子を木村が演じる。

サプライズの舞台は、茄子田夫妻の自宅セット内。秀明が、茄子田家に改築の勧めに訪れているシーンのリハーサル中に行われた。監督を前に何度も真剣なリハーサルを繰り返す中、突然照明が明るくなり、スタッフの掛け声で運ばれてきたのは、“茄子田家”なだけに、巨大な茄子型のケーキだった。

ケーキを見た2人は、しばしその大きさに唖然としたが、すぐさまユースケが「合同誕生日ケーキ、ありがとうございます。私も20数年間この仕事をやってきましたが、今回全てのスキルを出し切って、このドラマを最後に引退します(笑)!!」とユーモアを交えてコメント。撮影がスタートして間もない中、“ユースケギャグ”が現場の大爆笑を誘い、現場が一気に和んだ。

その後も、サプライズへの感謝とドラマへの意気込みを、ジョークも交えてマシンガントークするユースケ。木村にコメントを求めると、「しゃべりづらいでしょう(笑)」と優しくユースケに返し、改めて「ありがとうございます。私もやっていただけるとは思いませんでした」と語った。

さらにユースケが「こんな素敵なケーキ……相当手間がかかったと思います。僕の手作りということで!」とまたジョークを放ち、完全に自分のペースに持っていくと、秀明役の玉木を含めたメンバーで記念撮影。まだまだ撮影が続く中、ユースケは「よし! みんなで食べよう! お疲れ様でした」と再び笑わせていた。

PICK UP