中村アンの“恋のライバル”に片瀬那奈&大政絢、大谷亮平と古川雄輝を奪い合う

中村アン主演で、読売テレビ・日本テレビ系にて4月5日よりスタートする新ドラマ『ラブリラン』(毎週木曜23:59~)に、片瀬那奈大政絢が出演することがわかった。

女性漫画誌「Kiss」で連載された天沢アキによる同名コミックをドラマ化した本作。15年思い続けている“ワイルド甘々男子”の鷺沢亮介(大谷亮平)と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”の町田翔平(古川雄輝)との間で揺れ動く主人公・南さやか(中村)の恋心を描いていく。

その中で片瀬が演じるのは、鷺沢と交際中のイラストレーター・青山瑞希。1度結婚に失敗しており、鷺沢からプロポーズされるも、今のままの関係を望んで結婚を拒否。しかし、さやかの登場によって気持ちに変化が訪れるという役どころだ。

クランクイン前だというが、片瀬は「劇中では、アンちゃん演ずるさやかが“瑞希には勝てないなぁ……。でも一緒にいるとホッとするお姉ちゃん”と思う様な存在になれたらいいなと思っています。そして、初共演の大谷さん。素敵なパートナー像が描けそうです」と胸を膨らませている様子。「『ラブリラン』を観て、いちいちキュンとして、たまに勇気をもらい、たまに泣き、思いっきり笑っていただけたら幸いです」とコメントを寄せた。

そして大政が演じるのは、町田の元カノでトップモデルの小笠原杏子。2年前、モデルとして大きなチャンスが舞い込んだ時、町田から別れを告げられる。だが、町田が自分のために身を引いた事実を知り、町田とやり直したいと強く思うようになるというキャラクターだ。そんな杏子と「表現の仕方は違うかもしれませんが、熱い気持ちで何事にも向き合っているところは似ていると思います」と早くも共通点を見つけた大政は、「モデルの世界の杏子、一人の女性としての杏子、二つの顔を分けながら演じていきたいです」と意気込んだ。

さらに、「杏子は芯がきちんと通っていて、まっすぐ自分の思ってることを人に伝える女性なので、その思いっきりが気持ちいいなと思ってもらえるよう、大胆に演じていきたいなと思ってます! ぜひ、『ラブリラン』を見てドキドキしていただきたいです!」と視聴者にメッセージを送った。

その他、さやかの親友・宇野友美役を佐津川愛美、町田の行きつけのバーのマスター・前島悟郎役を村杉蝉之介、デザイン会社社長・泉智子役をふせえり、さやかの良き理解者である看板デザイナー・菅野太一郎役を小松利昌、記憶喪失中にさやかと“何か”があった美容師・藤崎隼人役は市川知宏、後輩デザイナー・佐山大輔役を渡部秀が演じることも併せて発表された。

PICK UP