中井貴一×イ・ソンミン、韓国ドラマ『記憶』日本版で日韓主演俳優が共演

公開:

中井貴一主演で、3月21日(水・祝)22時にスタートする『フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ「記憶」』。韓国ドラマ『記憶~愛する人へ~』のリメイクだが、オリジナル版の主人公を演じた演技派ベテラン俳優、イ・ソンミンが、本作にカメオ出演することが決定。日韓の主演俳優の共演が実現することとなった。

本作は、韓国で “復讐3部作”と言われる『魔王』『復活』『サメ』を生み出したパク・チャンホン監督×脚本家キム・ジウが、韓国tvN10周年記念特別ドラマとして再タッグを組んだ感動作『記憶~愛する人へ~』の日本版。若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士の人生を懸けた闘い、最後まで自分の尊厳を守り抜こうとする彼の姿と家族の愛を描く、壮大な人間ドラマとなっている。中井が、幼い息子をひき逃げ事故で亡くした過去を持つ敏腕弁護士・本庄英久を演じるほか、優香、泉澤祐希、今田美桜、松下由樹といった豪華キャストの出演が決まっている。

ソンミンは、第1話と第4話に登場する予定。来日前、中井が出演する映画を観たという彼は「撮影現場に入る前にたまたまテレビをつけたら、中井さんが出られているドラマを放送していたので、お会いした時は“あ、芸能人だ”と思いました(笑)。中井さんにお会いして本当に緊張しましたが、皆さんが優しく迎えてくださったので、楽しく演じることができました」とコメント。一方の中井は、ソンミンについて「ドラマをやらせていただく前に作品を観させていただきましたが、お若いなという印象でした」と語った。

撮影では、「日本語のセリフを覚えるのが大変だった」というソンミンに対し、中井は「今度は僕がハングルを覚えるよ」と語って交流。また、中井は「俳優として比べても国によって表現方法が違って、僕たちには僕たちなりの表現方法があります。同じ料理でも国によって味が違うように、それぞれベストな味が出せれば」と、今回の日本版リメイクについてアピールしていた。

本作の第1話は、「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」と「J:COMプレミアチャンネル」で同時放送。3月21日(水・祝)以降、毎週水曜22時から全12話で放送される。また、放送後の同日24時より、J:COM動画配信サービス「J:COMオンデマンド」で4K版も配信される。