坂口健太郎、テレビドラマ初主演で情熱を秘めた警察官役「気合入れないと」

人気若手俳優の坂口健太郎が、4月スタートの新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)にてテレビドラマ初主演を果たすことがわかった。

本作は、韓国で権威ある「第52回百想芸術大賞」をはじめ数々の賞を受賞した韓国ドラマ『シグナル』が原作。謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の二人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられるという矛盾、さまざまな人間模様が織りなす展開が、次々に謎を深める予想不可能なヒューマンサスペンスとなっている。

坂口が演じるのは、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官・三枝健人。幼い頃に起きた自身も関わりのある女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力、そしてプロファイリングの知識を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男だ。

テレビドラマに初主演を務めることについて「素直に嬉しかったです。気合を入れていかないと」と力を込める坂口。続けて「お話を伺った時は、すごく興味を持ちました。健人は、暗い過去もあるため精神的に削られる役ではありますが、この作品、この役に挑戦してみたいと思いました。人が動くエネルギーは、喜びだったり嬉しさ、楽しさだったりといろいろあると思うのですが、健人の場合は、きっと怒りや憎しみがエネルギーになっている男なんだろうと思います。自分の中の正義をちゃんと持っているんですけど、僕自身が健人という役柄を見ていると、少し危うさも感じるし、心のどこかの部分がからっぽにも感じる。危うさ、虚無感を持っている男なんだろうと思いました」と語る。

また「僕は、お芝居する時に役柄との共通点を探すのですが、健人とは“静かな情熱”のような、芯のあるところが共通点なのかなと思いました。あとは、僕自身気づかずに、冷静に人を見ている所があるので、そこが健人と似ていると思います」と分析。「ドラマはヒューマンサスペンスで、事件を解決するという要素だけではないので、見ている方々にもドラマに入り込んで一緒になって悩んだり考えたりしてもらいたいです。さまざまな事件が起きて、その“過去”を変えることで別の“現在”があったり、伏線があったりとすごく面白い。スリリングな展開やスピード感、健人の心の奥底に抱えている何かを一緒に感じていただければ」とメッセージを寄せている。

<あらすじ>
健人は幼い頃、友達の女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃。そのことを警察に伝えるも誰にも相手にされなかった。事件は未解決のまま15年が経ち、時効間近となっていたが、ある日、廃棄処分されるはずだった無線機から、健人と同じ事件を追う刑事の声を耳にする。最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体があった。その後も、その刑事と交信を続けるうちに、健人は自分が無線機越しに会話する相手の刑事が、過去を生きている人間であることを知る。二人は謎の無線機を通じて、互いに協力し合い未解決事件を解き明かしていく。