野村克也、故・沙知代夫人のミッチー・サッチー騒動、監督解任事件に言及

公開: 更新:

元プロ野球監督の野村克也が、2月16日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系、毎週金曜19:00~)に緊急出演。昨年12月8日、突如自宅で倒れ急死した沙知代夫人、享年85歳。愛妻を亡くした野村は、今どんな生活を送っているのか? 

そこで今回は、野村をスタジオに迎え、愛妻との馴れ初めなどをVTRで振り返る。世間で大きな話題となったミッチー・サッチー騒動や彼を監督解任まで追い込んだ数々の事件や騒動について、野村自身が赤裸々に明かす。周囲から様々なバッシングを受け、自身の野球人生にも多くの影響を及ぼした沙知代夫人と、なぜ決して別れなかったのか。結婚からおよそ40年、喜びも苦難も共に乗り越えてきた野村が、沙知代夫人への想いや夫妻の知られざる真実を明かす。

さらに、野村が気になる教え子のその後も追跡。高校時代、甲子園に春夏連続出場を経験し、その後、ドラフト1位でヤクルトスワローズへ入団。投手として活躍し、1998年には17勝挙げ最多勝利投手、沢村賞を受賞したK。2011年、在籍していた中日ドラゴンズから戦力外通告を受け現役を引退した彼は今、一体どうしているのか?

また、読売ジャイアンツに入団し、球界ナンバーワンのリリーフピッチャーとして活躍したSは、1992年、ヤクルトスワローズに移籍し、チーム最年長投手として貢献した。そんな彼は前立腺がんを発症していた……。

そのほか、1973年、人気特撮番組『ウルトラマンタロウ』にて、篠田三郎演じる主人公が居候する家の娘であるヒロイン役を演じた女優Oが、芸能界引退から33年ぶりのテレビ出演に踏み切る。日本人離れした端整な顔立ちで人気を博した彼女だが、その娘が驚きの美女になり、ある世界で活躍していた。