元ミニスカポリス・住谷杏奈、事業家転身で年商6億円稼いでいた

公開: 更新:

タレントで実業家の住谷杏奈が、2月1日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。主婦をしながら年商6億円を稼ぐ秘密を明かした。

住谷は、グラビアアイドルとして活動していた時期があり、12代目ミニスカポリスで人気を博した。2006年にはレイザーラモンHGと結婚。現在は2児の母である。

結婚当初は専業主婦をしていたという住谷。実業家に転身したきっかけは、プロレスラーとしても活躍していた夫がケガで入院をしたからだという。「MAX月収で1,200万円。それが(月収)7,000円になりました」とかなり年収の増減があり、そこで「何とかしなければ」とママブログをスタートしたとのこと。入院中のHGとの奮闘記を綴っていると、アクセスが急増。そこでプロデュースした商品を宣伝することに。「食べられる原料で作った“トマト石鹸”と“カボチャ石鹸”を宣伝したら、即日完売になりました。ブログで主人のケガのことも書いたし、“何とかしなきゃ”っていうのも書いていたので、応援してくれたのだと思います」と振り返る。石鹸は1個2,000円だったそうで、1日で6,000個売り上げたと語った。

現在プロデュースしている商品について、住谷は「今は女性のアソコを洗う石鹸がヒットしています。10万個は売れています」と1個7,000円の石鹸が大ヒットしていることを明かした。MCの河本準一から「マージンはどれぐらいもらえるんですか?」と質問されると「プロデュースで入るとなると、会社によって違うのですが、10%~20%ですね」と返答した。

さらに、同じくゲストで来ていた“青汁王子”こと三崎優太氏とタッグを組んで、“黒汁”という商品を発売する予定とのこと。住谷が「今、チャコール(炭)ダイエットが流行しているんですけど」と説明しようとすると、河本は「え!」っと反応し「今、ちょうど(チャコールダイエットを)やっています」と驚く。どんな味か問われた河本は「味はない」と返答。住谷は「そこを工夫して美味しい味に……」と開発中の商品を紹介すると、河本は「なんやねん。俺サクラみたいやんけ!」と嘆いていた。