元フィギュアスケーター・村主章枝、アラサーまで現役を続けた理由を告白

公開: 更新:

元フィギュアスケーターの村主章枝が、1月28日(日)に、約4カ月ぶりに放送される『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系、18:57~20:54)に出演。現在カナダで暮らしている彼女だが、緊急帰国し、アラサーまで現役を辞めなかった理由を告白することがわかった。

世界選手権に9回、オリンピックにも2度出場し、その卓越した表現力から“氷上のアクトレス”と評された村主。しかし実は、華やかな現役時代、そのウラで意外なしくじりをやらかしていたことをテレビで初告白する。

なんと村主は現役時代の後半、無収入となってしまい、両親のお金を使ってしまったという。なぜそんな大きなしくじりをやらかしてしまったのか……。それは、村主が“頑なに現役を引退しなかった”からだと振り返る。ほとんどのフィギュアスケート女子選手が20代で選手生活を終える中、彼女が現役にピリオドを打ったのは、異例ともいえる33歳。なぜそこまで頑なに、現役引退を拒否してきたのか!?

村主は授業で自身のスケート人生をたどりながら、“トリノオリンピック後に引退しなかった本当の理由”を激白する。そこにあったのは、オリンピックへの熱い思いだった!? さらには“アラサースケーター”となった村主に襲いかかった、厳しすぎる現実の数々も赤裸々に打ち明ける。体力の衰え、そして活動資金がなくなったことで巻き起こった、悲しい状況とは!? そんな中、家族のお金を活動費につぎ込んでまで現役を続行してきた村主が、ようやく引退を決意する決め手となったのは、いったいどんな出来事だったのかにも注目だ。

誰もが冷静な判断を下すことが難しい、“引き際”。授業のクライマックス、村主は辞めるタイミングを見誤り、長く現役を続けた自分だからこそ悟った人生の教訓を、噛みしめるように生徒たちに伝えていく。