元なでしこ丸山桂里奈、ヌードグラビアに意欲 SNSは入浴写真ばかり

元なでしこジャパンの丸山桂里奈が、1月20日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「世の中の男性に自分の入浴シーンの需要があると思い込み、SNSにお風呂の写真ばかりあげていること」を反省した。

元サッカー選手で、かつてはなでしこジャパンとして世界を相手に活躍していた丸山。2011年の女子ワールドカップの準々決勝のドイツ戦ではゴールを決め、チームを初優勝へと導いた。なでしこジャパンの中では美人選手として有名で、グラビアでアスリートならではの引き締まったボディを披露したことも。そんな丸山だが、最近では、ファンサービスと称し、毎日のように風呂での写真をアップしているという。

SNSでは、差し入れをもらった話や、イケメンの話題、音楽のエピソードなどが投稿されるが、その文章と一緒にアップされるのは、全て風呂の写真ばかり。内容とはまったく関係ない数々の入浴シーンの写真に、丸山のファンも「もう脱がなくていい」「服を着た写真が見たい」と言い出す始末。

有吉に「久々にひどいね」と指摘された丸山だが、最初はファンからの「お風呂の写真をあげて」というリクエストに応えてのものだったと反論。さらに、有吉から「恥ずかしくないの?」と聞かれても、「全然恥ずかしくない」とあっけらかんと話し、ヌード写真に関しても「ぜひやりたいですね」と意欲をみせていた。

グラビア撮影の際は「ブルンブルンに出していたんですよ」と明かした丸山。「でも、これは健康美とか、アスリート系じゃないですか」と、今の方向性が気に入らなかったようで、「袋とじにされてなくて、それがフラストレーションになっちゃって」と、もっと過激にしたいという願望があったことを明かした。

しかし、有吉から「どれくらいまでいいですか?」と、ヌードの境界線を聞かれた丸山は、「やっぱり、おっぱいを自分の手で隠して、温泉のお湯に(浸かるくらい)」と、意外と控えめな、そこまで過激ではない撮影プランを提案。有吉から「ここ(股間)もダメですか?」と聞かれても、「全部見られたら、丸裸じゃないですか」と焦り。さらに、家にいるときやラフな格好のときはノーブラ、ノーパンでいることが多いと告白するが、有吉には、「なんか興奮はしないんだよね」と言われてしまう。

また、毎回、番組の共演者全員に駄菓子を差し入れるというエピソードから、有吉に“尽くす体質”だということを見透かされ、さらに「告白されたら、なんでもOKしちゃいそうね」と指摘されると、「一発OKって感じ」と爆弾発言。有吉の「エロいんですか?」というストレートな質問には、「エロくないと言ったら嘘になります。ご自身でお確かめください」と返して、爆笑を巻き起こしていた。

そんな丸山への禊は「日本一恥ずかしい露天風呂での入浴シーンをブログにアップ」に決定。道路が側にある熊本県の混浴露天風呂で入浴シーンを撮影することになった丸山。「丸裸じゃないですか、絶対に嫌なんですけど」と、恥ずかしがって笑いを誘った。

この他には、アイドルの石井もえが登場。「恋愛禁止のアイドルにも関わらず、彼氏がいることが流出し、すぐに認めたこと」を反省した。