マツコ「結婚すると嘘ついて買ってもらえ」24歳お嬢様に仰天アドバイス

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。12月23日の放送は、超セレブたちが集まる高級時計専門店の交流会を探った。

銀座の数寄屋橋交差点にほど近い高級時計専門店「アワーグラス」では、3か月に1度、超セレブな常連客を集めて、交流会を開催している。かつてはブラッド・ピットも訪れ、200万円の「オーデマピゲ」を購入したこともあったという同店。マツコ自身はこれまで時計をしたことがないと明かすが、店頭に飾られていた3,000万円の高級時計には目ざとく反応。「あ、パテック(フィリップ)だ。すごい良い時計よ」と褒めつつも、「絶対買わねぇわ!」と毒づいた。

まずは、24歳の社長令嬢に話を聞くことに。父親から記念日に時計を買ってもらっているそうで、この日も父親同伴で来店。そんな彼女の腕に巻かれていたのは、130万円の「パテック フィリップ」。会社へ行くときに付ける普段使いの時計だそうで、マツコも「通勤時に130万円……」と目を丸くした。

この日の彼女のお目当ては、「パテック フィリップ」白色モデル、314万円の「カラトラバ」。マツコが「お父様、買ってくれそう? 今日」と尋ねると、さすがに無理だと思うとの答えが。時計は大きな節目でしか買ってくれないそうで、「次はたぶん結婚のとき」という彼女に、マツコは「“結婚する”って嘘ついて、とりあえず買ってもらえばいいのよ。で“破談になった”と言えばいいのよ」ととんでもないアドバイスを送っていた。

実際に彼女が314万円の「カラトラバ」を腕に巻いてみると、マツコは「すごい似合う!」と絶賛。そして、「お父様を説得してみる? 私が説得する!」と、店内のバーカウンターでお酒を飲んでいる父親のもとへ。「その時計が日本で一番似合うのはお嬢様だと思う」「お嬢さんキレイな方よね、自慢の娘さんでしょ」と、父親に時計の購入を促すマツコ。さらに、バーカウンターにいた同店の社長の働きかけもあり、314万円の時計を娘のために購入することに。マツコの「大事にするんだよ!」という呼びかけに、彼女も「もちろん、一生大事にします」と誓った。

続いては、複数の飲食店等を経営している社長が登場。この日は、厄年が明けたら買おうと以前に注文していた時計を受け取りに来たそう。ダイヤが散りばめられたド派手な時計に、マツコも「わーすごい、ダイヤちゃん」と興奮気味。「ちょっとしてみましょう」とマツコに促されて、時計を腕に巻いてみる社長。満面の笑顔になり、「かっこいいです。かわいいです、うおぉぉぉ~」とご満悦。その時計の値段が2300万円だと明かされると、マツコは「ほぉ~」と深くため息をついていた。

他にも、この日は店のとっておきでもある「パテック フィリップ」最高峰のモデルがお目見え。値段はなんと1億4,000万円。桁外れの高級時計にマツコも目を白黒させていた。

番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、番組冒頭に登場した社長令嬢の日常に密着。番組HPでは、セレブお嬢様の意外な私生活が公開されている。

次回の放送は、小顔になりたいセレブが集まる、ハリネズミ美容鍼を深掘り。施術を受けた女性たちとマツコがトークを繰り広げる。