橋本マナミの体内を可視化『NHKスペシャル』脂肪と筋肉の驚くべき働きとは

11月5日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク」の第2集「驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る」を放送する。タモリとノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が司会を担当。宮川大輔春日俊彰松岡茉優がゲスト出演する。また、橋本マナミの脂肪と筋肉 を最新技術で可視化する。

体中の臓器がお互いに情報を交換することで私達の体は成り立っている。そんな新しい「人体観」を、最先端の電子顕微鏡映像やコンピュータグラフィックスを駆使しながらお伝えする、シリーズ「人体」。第2集のテーマは“脂肪と筋肉”。なぜダイエットに失敗するのか、メタボリックシンドロームはなぜ怖いのか。最新科学が、その本当の理由を、明らかにしていく。

“脂肪と筋肉”が単に体を覆っているだけだと思ったら大間違い。脂肪が、脳や免疫をコントロールしたり、筋肉の働きが、記憶力の増強やがん予防と関わっていたりする可能性も報告され始めている。さらには、現代人の体の中で、そんな脂肪と筋肉の働きに深刻な異常が起きていることも明らかに。心筋梗塞や脳梗塞、そして糖尿病など、あの「メタボ」が招くさまざまな病気の根本的な原因が、実は、脂肪や筋肉の情報交換に潜んでいたのだ。筋肉と脂肪の驚くべき能力と、謎を徹底的に解き明かしていく。