山本耕史と志尊淳、最強の師弟コンビを熱演『植木等とのぼせもん』スタート

山本耕史を主演に迎える土曜ドラマ『植木等とのぼせもん』(NHK総合 毎週土曜20:15)が9月2日からスタートする。同作品は、「明るい昭和」を象徴する男・植木等と、青年・小松政夫の「師弟=“父子”ドラマ」を、当時のテレビバラエティーや映画の熱気ある撮影風景をふんだんに交えながら描く、笑いと涙の物語を全8回で描いていく。

主人公・植木を演じる山本のほか、植木の運転手となる松崎雅臣(のちの小松政夫)役に志尊淳、クレイジーキャッツのメンバーとして、ハナ肇役に山内圭哉、谷啓役に浜野謙太、犬塚弘役に深水元基、安田伸役に西村ヒロチョ、石橋エータロー役にパーマ大佐、桜井センリ役に小畑貴裕が抜擢。ドラマのみどころのひとつとして、昭和30年代人気絶頂のバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」の再現シーンもあり、実際にバンド演奏を行ったり、歌手役の女優たちが歌声を披露する。

【あらすじ】時代は昭和37年。植木等(山本)は半信半疑だった。自身が歌う「スーダラ節」が、空前の大ヒットとなったのだ。植木とクレージーキャッツはテレビや映画に引っ張りダコとなり、一躍スターに。それと同時に超過密スケジュールとなった植木に、付き人兼運転手がつくことになった。やって来たのは、博多から上京してきた松崎雅臣(志尊)というめっぽう元気な青年だった。

撮影現場に同行した松崎は、植木やリーダーのハナ肇(山内)、アイデアマンの谷啓(浜野)ら、クレージーキャッツのエネルギッシュな仕事ぶりに圧倒される。彼らは、コントではとことんバカバカしく、音楽ではとことんカッコ良く、“おもしろいって、なんだ?”を追求していた。一方、根が真面目な植木は「こんなふざけた仕事ばかりやっていて、人様の役に立つのか?」と自問自答する。そんな植木を、少年時代に父を亡くした松崎はいつしか「親父さん」と呼ぶようになり、植木や妻・登美子(優香)、父・徹誠(伊東四朗)も、松崎を家族のように受け入れる。一人前のタレントを目指して、仕事に、恋に熱中する松崎。その姿はまさに“のぼせもん”だった……。

PICK UP