沢村一樹、民放連ドラ主演を制覇!『ひよっこ』岡田惠和の脚本作

公開:

俳優の沢村一樹が、テレビ東京系列にて10月クールに放送される『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(毎週金曜20:00~)で主演を務めることがわかった。

本作は、累計37万部を売り上げた直木賞受賞作家・荻原浩の人気シリーズ『ユニバーサル広告社』が原作。ドラマでは、原作シリーズの中から「花のさくら通り」を映像化する。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く物語となっており、脚本には岡田惠和が決定。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』後、初めてドラマ脚本を務めることとなる。

テレビ東京の連ドラでは初主演となる沢村。また、2016年の年末に放送されたスペシャルドラマ以来の出演とあって「とても楽しみにしていますし、より一層気合を入れて臨みたいと思います」と気合十分。また、『ひよっこ』にも出演しているので、「岡田さんの世界観を表現する為の準備は十分整っています!」と明かし、「荻原先生の人情味溢れる原作を、岡田さんがいかに肉付けしてくれるか、今から楽しみです」とコメントを寄せた。

沢村は今作で、在京民放キー局放送の連続ドラマの主演を全て制覇することとなる。このことについては、「20年コツコツとやってきたなかで、周りのスタッフや今回脚本の岡田さんはじめ、支えて下さった方々との出会い、そしてテレビの前で応援して下さった方々のおかげだと思っています」と御礼を述べる一方で、「でも正直、僕自身は制覇という実感は全くありません(笑)」と語った。

そして最後に、「スタッフ・キャスト、みんなと息を合わせて、テレビ東京でしか作れない連ドラを視聴者の皆さんにお届けしたいと思います」と意気込んだ。

原作者の荻原は、「昔々、広告の会社に勤めていた頃のことを思い出しながら書いた小説です」と明かし、「自分も周囲もみんなおバカで、なんとなく負け組で、毎日死ぬほど忙しく、それなのにとっても面白い日々でした」としみじみ。「ドラマでもそんな雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです」とメッセージを寄せている。