内田篤人、乾貴士ら日本代表クラス6選手がメンタルを仕上げて『VS嵐』ガチ参戦

内田篤人乾貴士酒井宏樹大迫勇也酒井高徳三竿健斗ら日本サッカーのトップ選手6名からなる「内田篤人軍団」が、8月3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系列、毎週木曜19:00~)にゲスト出演することが決定。内田は8年ぶり2度目、そのほかの選手は初出演となる。

日本、ドイツ、スペイン、フランスと各国のリーグで活躍する選手たちを前に、「これだけのメンバーがそろうって、凄くないですか?」と驚く嵐メンバーたち。内田は「ここ(VS嵐)で集まるか、夜集まるかくらい」と茶化しながらも、「アスリートチーム」の一員として以前出演した際に敗れたことを振り返り、「今日は勝ちたいので、チームワークのとれた面々を連れてきました」とモチベーションの高さを見せる。

そんな中、一人飛び抜けて出演を喜んでいるのが乾。櫻井翔が「収録前に皆さんに挨拶をした時、乾さんだけ表情がワンランク上だった」と語ると、この番組をスペインでも見ていたという乾は「ずっと出たかった」と告白。最高の身体能力を誇るだけでなく、メンタルも仕上がった日本屈指のメンバーが揃っていること明らかになる。

対決は「バウンドホッケー」や「バルーンシューティング」など恒例のアトラクションに加え、特別企画として、パスを回す一方のチームから、もう一方のチームがそのボールを奪うまでの時間を競う「鳥カゴ対決」と、コース内に設置されたコーンを交わしながらドリブルで進み速さを競う「スピードドリブル対決」を実施。「内田篤人軍団」が圧倒的有利と思われる中、嵐がどう対抗するのかにも注目だ。

番組の宮崎鉄平プロデューサーは、「特別企画でドリブルやパス回しなどで魅せたテクニックは圧巻でした! それに対抗して奇跡のプレーを見せる嵐の姿もさすがと感動しました。普段の真剣な姿とは違うリラックスした選手たちの表情や、日本代表の裏話がとても興味深い内容となっています!」とアピールしている。

尚、本日27日放送の同番組には、Hey! Say! JUMPがチームとして初出演。嵐チームに下剋上を挑む。