出演者が呪われた? 実際の心霊スポットで撮影したホラードラマがスタート

公開: 更新:

村上虹郎が主演を務める新ドラマ『デッドストック~未知への挑戦~』(テレビ東京系列、毎週金曜24:52~)が、7月21日よりスタートする。

本作は、テレビ東京の新社屋移転を題材にした“新感覚オリジナルホラードラマ”。2016年、同局は長年親しんだ神谷町の社屋を後にし、六本木の新社屋へと移転すべく、局史上最大の引っ越しを行った。その際に処分された大量の廃棄テープの中から、いまだかつて誰も目にすることのなかった怪奇現象の映った古いテープが発見された……というのがこの物語の始まりとなる。

第1話で、新たな仕事に就くことになったADの常田大陸(村上)は、テレビ東京旧社屋のとある地下室へ。新しい仕事の内容は、ディレクターの二階堂早織(早見あかり)、佐山暁(田中哲司)と、社屋移転時に出て来た膨大な未確認素材を確認するというものだった。無数のテープを前に圧倒される大陸。だが再生した心霊特番の素材に、レポーターが何者かに襲われるという何とも不可解な映像が。早織はこの映像を検証して番組にすることを思い付き、さっそく大陸と共に当時番組を担当していたスタッフの元へ向かうが……。

先日行われた記者会見には、早見がガラガラ声で出席し「たぶん呪われたんだと思います。実際の心霊スポットで撮ったりしたので、持って返っちゃったんだと思います」とコメントし話題に。また、すでに公開されている第1話の予告映像を見た視聴者からは「ホラーマニア向けじゃん……」「(ホラー作品を多数手がけている)三宅隆太監督だから楽しみ」など、インターネット上で期待の声が挙がっている。