GENERATIONS、白濱亜嵐&関口メンディーが肉体美を披露

公開: 更新:

GENERATIONS from EXILE TRIBEが、7月18日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~※一部地域をのぞく)に出演。関口メンディーと筋肉芸人が腕立て対決を行った。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出。MCのヒロミとフットボールアワーの後藤輝基らと共にトークを繰り広げる。

迫力のダンスパフォーマンスもさることながら、体を鍛えることにも注力しているGENERATIONS。ヒロミらのリクエストにより、パフォーマーの関口メンディーとリーダーの白濱亜嵐が鍛え上げられた筋肉を見せることに。会場からはどよめきと黄色い声援が飛び交った。そこで今回は、筋肉芸人として活躍しているマサナカジマと超新塾のコアラ小嵐が、“よりイケメンになれる”という筋トレ術を伝授。彼らは支えている腕を徐々に狭めていく大胸筋トレーニング(腕立て伏せ)を披露し、メンバーを驚かせた。

続けて、パフォーマーの中務裕太が「やってみたい」とこのトレーニングに挑戦することに。見事にやってのける中務に会場は大盛り上がりになるが、後藤は「今頃、家でなかやまきんに君が体育座りしているでしょうね」と元祖筋肉芸人の気持ちを察した。

また、マサナカジマは「メンディーさんが芸能界最強と言われているのですが、我々筋肉芸人も“負けていないぞ”ということで勝負させて欲しい!」と宣戦布告。関口は「やりましょう!」と勝負を受けることになった。勝負の内容は1分間腕立て対決。芸人からは、現在も予備自衛官として自衛隊で訓練しているジャスティス岩倉が出陣した。心境を聞かれたメンディーは「勝ちます!」と上半身裸になり本気モード。いざスタートすると、勝負は均衡……結果はジャスティスが95回、メンディーが83回で筋肉芸人が見事勝利した。大喜びする面々であったが、ヒロミは冷静に「ジャスティス! 勝っちゃダメだろ!」と諭していた。

この他にも、リズム芸を得意とする西村ヒロチョのネタを完コピできたら肉が食べられるという企画では、パフォーマーの小森隼が挑戦をしたり、ボーカルの片寄涼太が女芸人と擬似デートを体験するなど、メンバーそれぞれがガヤ芸人のおもてなしを堪能した。