トレエン斎藤司「成功者の眺め」物件探しで高級マンションへ

公開:

トレンディエンジェルが、7月19日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)に出演。ブレイクしてからの生活の変化が明らかになる。

同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務め、岡田結実が“今どき芸能人代表”としてレギュラー出演する。

2015 年の『M-1 グランプリ』をきっかけに大ブレイクしたトレンディエンジェル。昨年のテレビ出演本数は350本以上、CM契約数は最高で9社という“超売れっ子芸人”となった2人に対して、今どきの視聴者から「売れた芸人はどれくらい生活が変わるのか」という質問がぶつけられる。

「元々、洋服が好き」という斎藤司はブレイク後、ただ腰に巻く為だけのシャツに10万円、腕には超高級腕時計「パテックフィリップ」(およそ500万円)をはめるなど、数々のブランド品を購入するかなり派手な生活に。さらに“いかにパパラッチされないか”という人気芸能人ならではの理由から引っ越しも考えているという。その物件探しに番組が密着したところ、斎藤が目をつけたのは、家賃約50万円の高級マンション。その広くてスタイリッシュな内装と美しい夜景に、斎藤は「成功者の眺めですね、ここは」と気に入った様子。

一方、この4月に実家を出たたかしが選んだ住まいは、なんとメイプル超合金のカズレーザーや後輩芸人たち4人とのルームシェア。さらに休日の過ごし方はこれまでと変わらず秋葉原のメイドカフェ通い。有名人との交友関係を深める斎藤とは対象的に、優勝前から仲がよかった芸人たちと変わらぬ交流を続けている。派手な斎藤と地味なたかし。一見格差が大きいように見える2人だが、実は斎藤がたかしに頼り切っていることが明らかになる。斎藤から「仙人」と例えられるほど無欲で達観した性格のたかしだが、実は、あの“総選挙”では、結婚宣言が話題となった「りりぽん」推しだった事が判明する。一連の発言には「ブチギレしています」と怒りを露わに。

このほか、賞レースで優勝した芸人たちが賞金をどのように使ったのかもリサーチ。『R-1 ぐらんぷり 2017』王者のアキラ100%は、インタビューで「ちょっと高級な果物、買っちゃっています」と告白するなど、さまざまな賞レース歴代チャンピオンたちの使い道が紹介される。

もう一組のテーマは「外国人タレント」ということで、アグネス・チャン、デーブ・スペクター、モーリー・ロバートソン、マルシア、パトリック・ハーラン、ボビー・オロゴン、ダイアナ・ガーネットの7名が登場。「そもそも外国人タレントって儲かるの?」という今どきの視聴者からの疑問を解明すべく、「デビューのきっかけ」「サイドビジネス」「7人の中で一番儲かっている人」などについてのトークを繰り広げる。

また、実際にどのくらい儲かっているのかを探るべく、彼らの自宅写真を公開。するとボビーが自宅のほかに別荘を持っていることが判明する。さらに、別荘とは別にある資産を持っていることも明らかに。慌てるボビーに東野は、ボビーがテレビで見せている顔とはまったく違う裏の顔を持っていることを暴露。番組収録時に隠れてお金を荒稼ぎしていたというが、一体どんな手口なのか。その後、かつて東野が酔っ払って訪問したことがあるというアグネスの大豪邸写真も公開する。