山下智久、新垣結衣ら「コード・ブルー」メンバーに『信頼感が更に増した』

公開: 更新:

フジテレビ系列で7月17日より初回30分拡大でスタートする新ドラマ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(毎週月曜21:00~)の制作発表会見が11日、東京・新木場の東京ヘリポートで開催。ドクターヘリの前に、山下智久、新垣結衣ら11名のキャストが集結した。

主演の山下は、7年ぶりの新シーズンについて「一人もメンバーが替わることなく集まれていることを嬉しく思っています」と語り、「このメンバーに対する安心感、信頼感は変わらないし、更に増したような気もする」とコメント。一方で、前シリーズと比べそれぞれが役者として経験を積んだことで「気持ちに余裕が出てきた」と語り、「空き時間にリラックスして喋ることもできて良い雰囲気だと思う」と現場の様子を伝えた。

また、「この作品にかける思いをスタッフの皆さんと共有して楽しく撮影しています。サードシーズンは、職種に関係なく人の思いや心を描いていき、命と向き合っている作品になっています」とアピールした。

新シーズンでは、かつて「ドクターヘリ」に乗り込むフライトドクターを目指していた、藍沢耕作(山下)、白石恵(新垣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)と、フライトナースの冴島はるか(比嘉愛未)が、一人前の医師、看護師へと成長。それぞれが経験を積み、新たな局面に立つ5人の新たな物語が繰り広げられる。また、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子らが演じるフライトドクターを目指す救命救急フェロー、馬場ふみか演じるナースらの成長などが描かれる。